「陸マイル研究所」所長の自己紹介

 「陸マイル研究所」の所長を務める「旅する猫」こと「旅猫(たびネコ)」です。

 全く顔が見えない「猫」が運営する「陸マイル研究所」だと、皆さんも不安になるかと思いますので、ここで簡単に自己紹介させて下さい。

 

 私こと「旅猫」は、生まれと育ちは千葉県で、福沢諭吉先生の創った大学を卒業後、世界最大のコンサルティング会社A社に勤務。その後、持ち前の「腰の座らなさ」からベンチャー企業、ヨーロッパ系のその分野で世界最古のメーカー勤務などを経て、何を勘違いしたか中国に。

 上海市政府より「学費・宿泊費・生活費」といった費用を全給費して貰う奨学生として留学。約80人の同級生のうち留学生一人(猫一匹?)という環境で大学院を修了。その後も中国・香港やASEAN各国を拠点としつつ、日本にも軸足を置いています。

 

 

 これまでに旅した国は60カ国以上。日本・中国・タイ王国・ラオスにおいては、「全都道府県(日本)」「全省(中国)」「全県(タイ王国・ラオス)」を訪れました。

 

 こうして世界のあちこちに出没して言いますが、やはりここでも「陸マイル」による無料のマイル取得が役に立っています。今後はさらに役立ちそうです。

 

 目下の「陸マイル」での目標は、長年お世話になった「母猫(ははネコ)」を「ファースト・クラス」「世界一周の旅」に連れていくことです。(残念ながら、「父猫」とは途中ではぐれてしまいました)

 

 

 写真はお見苦しいので、割愛させていただきます。

 

 

 こんな「猫」でも一手間かけると「陸マイル」は「無料で貯まる」のです。