タイ人女性を口説く、勝率9割の口説き文句?

 

 タイ王国では雪が降ることがない。これは北部のチェンマイやチェンライ、マエホンソンといった冬場それなりに寒くなる地域でもだ。

 

 理由は簡単で、氷点下にまで気温が下がることが無く、偶然に氷点下になったとしてもその際に降水がなければ雪も降らない。通常、タイの「比較的気温の低い冬」は「乾季」である11月から2月頃なので、より雪が降りづらい環境なのである。

 

 

 しかし、だからといってタイ人が雪の存在を知らないわけもなく、それは世界の各地で降っていることを誰もが知っている。

 

 よく外国人、特に日本人がタイ人女性を口説く際に「良く効く口説き文句」として言われるのが、「冬の日本に雪を一緒に観に行こうよ」というものだ。

 

 「ロマンティックな雪景色を観に行きたい」

 「日本への旅行のアゴ・足・枕、もちろん財布代わりの日本人男性の負担」

 さらに「そして親類や友人へのお土産代までせびるチャンスもある」

 そうした打算から「日本に雪を一緒に観に行く」という誘い文句に乗るタイ人女性が少なくないとか。

 

 育ちの良いタイ人子女はこんな誘い文句には乗らないので、こうした誘い文句に乗ってくるのは金に汚いタイ女性ということになるのであるが。 

 

 誘う方も誘う方なら、誘われついてくるのも洞穴なのだ。

 

 「個人的にタイ人女性にODAを配ることに熱心」な日本の殿方はタニヤやナナ、ソイカウボーイのお気に入りのタイ人女性に「冬の日本の雪を一緒に観に行こうよ」と誘った心当たりのある人もいるであろう。

 

 駐在員として家族と共にタイに住んでいても、とうに夫婦生活は形骸化し、マッサージやスパ、買い物や子育てに忙しい奥さんの眼を盗んでタイの若い子と遊んでいる男性も、「日本への出張」と称した「雪国旅行」があるとかないとか。

 

 

 

- Advertisement スポンサー広告-