ベトナムでの典型的なぼったくりのパターン

 

 ベトナムでは多種多様なぼったくりがあるかと思われるが、旅人や外国人が遭遇しやすいぼったくりの幾らかの例をここで紹介してみたい。

 

チケット料金が異なる

 

 まずよくあるのが、市内を走る公共バスや長距離バスの料金が異なるというもの。公共バスなどでよくぼったくる気になるなと思うが、ベトナム人の商魂は外国人の想像を超える。少しでもかすめ取れるチャンスがあるのなら、そこにW杯クラスのプレーヤーのごとく果敢にダイブするのがベトナム人である。

 2万ドンのローカルバスが、外国人とみるや4万ドンに跳ね上がり、30万ドンの中長距離バスの料金が人によっては40万ドン、場合によっては60万ドンにまで跳ね上がるのがベトナムである。

 

 

最初の言い値と違う

 

 ベトナムではまず値段の交渉をしてから食事や物を買うのが基本であるが、値段の交渉をした後でも、精算時に平気で高い値段を言ってくる輩がいる。値段交渉の後にはさすがの大陸の中国人でもその値段に落ち着くものであるが、ベトナム人は中国人の上をいっているのだ。「ひょっとしたら払うかもしれない」という一抹の期待があるのであれば、少しでも高値をふっかけてみる価値はある、そうベトナム人は考えてしまうようだ。

 バイク・タクシーなどでも乗車前に「2万ドンでバスターミナルまで行ってくれる?」「OK!」というやりとりの後、「着いたよ、4万ドンね」という具合だ。

 

 

値段交渉したものと違う物を渡す

 

 商品の売買で値段の交渉というやや骨の折れる取引を毎回済ませても、そこで許してくれないのがベトナム人である。買うことになっていた商品よりも劣るクオリティのものを袋に入れて渡してきたりすることもあるので、お金を渡す前に商品のチェックを済ませるまで気が抜けないのがベトナムだ。

 

 また、量り売りの小さなベトナムのガス・スタンドでは、水やその他の得体の知れないモノなどを混ぜた低劣なガスを売っていることがあるので、なるべく大きめのガス・スタンドに寄ることをお勧めする。素人にはガスの良し悪しまではさすがにその場ではチェックできない。

 

 

 

- Advertisement スポンサー広告-

タダほど不安定なものはない

 

 「ミスター、良い民芸品を売る店にタダで連れて行くよ!」と声をかけてきたリキシャーやバイク・タクシーに連れられて、「良いものがなかったら買わなくてもいいよ」との言葉を信じ、何も買わずに戻ってくると、「お金!」と言われる事がある。こうしたフラジャイルな言質にはこちらも笑顔で無視するか、あるいは少し強い態度での拒否が必要となる。

 

 ベトナムの人々は、無意識のうちに高い値段が口から出てしまうように、家庭で教育されているのかもしれない。であるならば、悪気はないのであろう。 

あこぎな人と優しい人の差が激しい、ベトナム。