ウランバートルでは日本の「あの車」が売れている

 

 モンゴルの首都、ウランバートル。人口3百万人の小さな国モンゴルの首都だが、そこに人口の半分以上が集まっているという話だ。

 

 首都のウランバートルには背の高いビルも多く立ち並んでいる。しかし、ウランバートル以外は草原や山々、砂漠などがずっと広がるモンゴル。電車で中国やロシアからモンゴルを訪れることができるが、飛行機でチンギスカーン国際空港に降り立つよりもずっと車窓からの景色が素晴らしい。

 

 そんなモンゴルの首都、ウランバートルでも近年は車がぐっと増えた。駅の周囲などでは一丁前に日中は「渋滞」するほどだ。

 

 

 

 

 そんなウランバートルの街をゆくと、「ある車」が特に多いことに気づかされる。そう、それはトヨタのプリウスだ。

 

 駐車してある車の50から30台に一台はプリウスなのではないかというほど、ウランバートルでのプリウスのシェアは高いのだ。ウランバートルの観光名所であるとある寺でも、僧侶がプリウスに乗っていた。 

 

  

 

 ウランバートル市内だけでなく、広大なモンゴルをゆくには燃費の良いプリウスが人気になる訳である。ウランバートルの外に出ると途端にワイルドな道が続くようになるが、それでもプリウスで疾走するモンゴル人ドライバーを目にする。彼らからすると「四輪で走る車」というだけで、凸凹な路を疾走する不快感よりも、馬やバイクで疾走していた頃より、「随分と楽だ」と感じるのかもしれない。

 

 

- Advertisement -