ギロチンを想起させるSt.Petersburgのメトロ安全扉(ロシア)

 

 世界で2番目に深いメトロ(地下鉄)のある街、ロシア第二の経済都市サンクトペテルブルク。最も深いメトロはウクライナの首都キエフにあることは以前紹介した。

 

 サンクトペテルブルクのメトロは、ウクライナが旧ロシア連邦から独立する前は、旧ロシアで2番目に深いメトロであったが、最も深いメトロを有する地域が独立したために、ロシアで最深(世界で二番目)に棚上げされたという経緯がある。旧ロシア連邦は、こうしたやたらと深いメトロを掘ることが得意だったのだ。

 

日本の地下鉄エスカレーターと比べると、ロシアのそれは高速かつ長い。
日本の地下鉄エスカレーターと比べると、ロシアのそれは高速かつ長い。

 

 今日、ウクライナはロシアとの距離を取りたがっているが、ウクライナがかつて旧ロシア連邦の一角を占めていなければ、首都キエフに(ある意味で)「立派なメトロ」は出来上がっていなかっただろう。

 

 

 文化と経済の発展したサンクトペテルブルクの地下鉄ホームには、ホームと線路との間に、乗客を守る目的であろう「安全扉」が設置されている駅がいくつかある。しかし、その「安全扉」が首を切り落とす「ギロチン」を想起させるところが旧ロシア的である。

 

 

 鋼鉄製のような、中に国家機密でも隠していそうなタフな外見の重そうな扉だが、列車が到着するとかなりの勢いで開き、列車の扉が閉まるのとほぼ同時に、それは「物凄い勢い」で閉まるのである。まるでギロチンの大きな刃が罪人の首に落とされるかのように。

 

 

 その扉の閉まり方たるや、乗り遅れて挟まれでもしたら、骨折しそうなほどに豪快な勢いなのだ。ネズミ捕りのケージなどには、捕まえるだけでなく、いきなりネズミの首を刎ねる仕掛けの付いているものがあるが、首の細い嬰児などだったら、このメトロの安全扉は首を刎ねてしまうのではないかと心配になるほどだ。

 

 とはいえ、これは「(おそらく)乗客の命を守るための安全扉」なのである。まさか「駆け込み乗車をしようとする乗客」の首を刎ねるのが目的ではないだろう。 「線路への飛び込みをしようとする悩める者たち」 を現実世界につなぎとめる、最後の砦の扉にも思える。 

現地の人々にとっては、「ギロチン安全扉」など、もはや生活の一部だ。
現地の人々にとっては、「ギロチン安全扉」など、もはや生活の一部だ。

 

 今日もロシアで一番深いサンクトペテルブルクのメトロ網では、轟音を立てて開閉する「安全扉」が乗客の安全を無骨に守っていることだろう。屈強なロシアの兵士のように。

 

 

サンクトペテルブルクのメトロ・トークンは、かの地の「安全扉」を思い出させるに十分な質量を手のひらに感じさせてくれる。
サンクトペテルブルクのメトロ・トークンは、かの地の「安全扉」を思い出させるに十分な質量を手のひらに感じさせてくれる。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

ランキング・バナーのクリックが励みになります!

 

 

 

 深くて長いのがお好き?

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ