イタリア鉄道の旅で初心者が気をつけるべきこと

 

 長靴のような形をしたイタリアを旅する上で、イタリア鉄道に世話になる人は多い。イタリアの鉄道は、品質の割に価格が抑えてあり、現地で暮らす人だけでなく、旅人にとっても見方である。

 

 

 イタリア鉄道の旅で、初心者が気をつけるべきことが一つある。それは、「乗車券のバリデーション(有効化)を必ずしておくこと」である。

 

 というのも、イタリア鉄道の多くの駅では、「改札口」というものが存在せず、駅構外からプラット・ホームに誰でも入ることができ、また誰でも列車まで乗車ができるのである。この間に、日本のように「改札口」らしきモノがある駅は少ない。基本的にヨーロッパの多くの駅では「改札口」が存在しない場合が多いが、乗車前の「乗車券のバリデーション(有効化)」が必要になる国は少ない。廻ってきた車掌がしてくれるからだ。

 しかし、イタリアの普通列車に乗り込む際には、乗客が各自でバリデーションしてから乗車する必要がある。

 

バリデーションの機械の一例。これに乗車券を通して使用日時を刻印するのをお忘れなく。
バリデーションの機械の一例。これに乗車券を通して使用日時を刻印するのをお忘れなく。

 指定列車・指定座席の特急列車のチケットを持っている場合、「乗車券のバリデーション(有効化)」は回ってきた車掌にして貰えば良いのであるが、特急列車でない一般車両に乗る場合、駅にある緑色のバリデーション(切符に有効化の使用日時が入る)機を通さないといけない。これを怠り列車に乗り、回ってきた車掌に見つかると、罰金が課されることになる。そんな間抜けな奴はいないと思うかもしれないが、いる。どこに?ここに。

 

 私が初めてイタリア鉄道の一般車両を利用したのは、ローマからフローレンス(フィレンツェ)に移動する際であった。ほんの2−3時間の列車の旅なので、特急ではなく一般列車で移動することにした。チケットは駅の券売機や券売カウンターで簡単に手に入る。そしてローマの駅の構内を改札らしきモノに出くわすことなく列車まで進む。列車に乗り込む前のプラット・ホームには、いくつか緑色のバリデーション機が設置してあるのだが、「乗車券のバリデーション(有効化)」を知らないと、そのまま列車に乗ってしまう人がいるのだ。

 イタリアの一般列車の切符は、有効期限が長いので、「乗車券のバリデーション(有効化)」により切符の二次利用を避けているのであるが、車掌が回って来ないで見つからなければ、バリデーションしていない乗客はそれを使い回すことができてしまうのである。

 

 しかし、バリデーションしていない切符を所持して列車に乗っているのが見つかると、乗車区間の料金よりも高い罰金が課せられる。例えば、ローマからフローレンス(フィレンツェ)間は2−3時間の旅で20ユーロ程度の乗車料金であるが、バリデーションを怠った罰金は50ユーロであった。さらにバリデーションしていない切符も無効にされるので、合計で70ユーロ程の出費となる。これなら特急列車で3040ユーロ払っていた方がずっと安い。

 

 イタリア鉄道の旅の初心者は、列車に乗る前の「乗車券のバリデーション(有効化)」を忘れずに。

 

 

バリデーション、忘れずに。