007 Spectre  スペクター

 日本では2015124日公開予定の007 Spectre スペクター」ベトナムの古都フエにて観てきた。ベトナムでの劇場公開はアメリカ等と同じ116日からだが、時差の関係でアメリカよりも早いことになる。英国では一足早い1026日から公開されているらしく、初週で英国興行収入の歴代一位を記録とのこと。

 


007スペクター公開日の国別日程リスト

http://www.imdb.com/title/tt2379713/releaseinfo?ref_=tt_dt_dt#akas

日本の映画鑑賞券は世界的に見て高い方だが、公開は一番最後。

 

PG-13  |  148 min  |  Action, Adventure, Thriller  | 6 November 2015 (USA)
PG-13 | 148 min | Action, Adventure, Thriller | 6 November 2015 (USA)

YouTubeでの予告編はこちら


- Advertisement - 広告

 今回の訪越は映画に恵まれており、The Walk ザ・ウォーク」も素晴らしかったことは書いた。古都フエのロッテ・シネマズで公開されたばかりの「007スペクター」のチケットは金曜の夜だからか80000VND、約440円。

 ベトナムでは、特定の平日の安い料金だと、30000VND(約165円)ほどで、それなりにしっかりした劇場で映画が観られる。

 ただし、ベトナム人の映画鑑賞の素養は中国大陸人と同程度に低く、1020人に一人は携帯電話をサイレント・モードにし忘れている。なかには映画の途中に、普通に電話に出る不届き者もいるので、多少の忍耐心が必要となる。

 世界的に期待値の高いシリーズ物の一作。007シリーズの24作目。ダニエル・クレイグ主演は今回が最後になるとの噂もある。次回の主演のジェームス・ボンド(JB)役は誰になるのだろう。ダニエル・クレイグの色気とハマり役を超えるのは難しい気もする。

 

 

 今回の冒頭シーンはメキシコから始まる。いきなりワン・ショットで数分も撮り続けており、「どこまで途切れずに撮れるんだよ!あんたらすごいよ!」とツッコミを入れたくなるほど。そして隙がない画面の美しさ。

 

 007シリーズの映像の美しさは、言うまでもないが、今回もオープニングの映像のアート性の高さからしてやられてしまう。そして、あの007のテーマ・ソング。

 

 ボンド・カーにはイギリスを代表する高級車の一つ、アストン・マーティン。JBと共に歩んできた歴代の美しい車たちの中でも、今回の車は特に美しさを感じた。

 

 

 今年は年末にスター・ウォーズの新作も控えている。オープニングの宇宙に物語の粗筋がオープニング・テーマの音楽と共にスクロールしてくる場面で、鳥肌を立てるファンが多くいることだろう。アメリカではスタンディング・オベーションがいきなり起こる劇場もあるそうだが、日本を含めアジアのファンはそこまでしないとは思う。

 

 

 以下、私の5つの映画評価軸で5段階評価すると、

 

007 Spectre  スペクター

 

Performance: 5

Visual: 5

Story: 4

Sound & Music: 5

Originality: 3

 

合計:25点満点で22点!

 

 

 

 巨大なバジェット(予算)で撮っている007シリーズなので、当然のことながら役者や映像、音楽は申し分なく素晴らしい。148分、二時間半という長尺ではあるが、終わりに近づくにつれ「もっと観ていたい」と感じる。

 

 しかし、007シリーズであることには変わりがないので、オリジナリティは2点減点で3とした。

 

 

 

 

ダニエル・クレイグは、ゲイにも人気らしい