タイ王国で最高品質のマンゴー・スティッキー・ライス

 「バンコク中心部にある居心地の良い空間」である「ジム・トンプソン・ハウス(JTH)」について書いた。今回は、タイ王国のスウィーツで有名な「マンゴー・スティッキー・ライス」の最高品質のお店を紹介する。

 

 それは、結論から言うと、前回紹介したJTHのレストランである。

 念のため、「マンゴー・スティッキー・ライス」を知らない人のために、簡単に説明しておくと、餅米の上にスライスしたマンゴーを載せ、その上にココナッツ・ミルクをかけたものである。タイ語では「カオニウ・マムアン」と呼ぶ。「カオニウ(餅米)」+「マムアン(マンゴー)」と、そのままだ。

 勘違いしている人も少なからずいそうだが、マンゴーの原産地はタイ王国ではなく、インドである。しかし、このスウィーツが有名なのは、インドではなくタイ王国であろう。インドで有名なのは、言わずもがなカレーだ。

 カレーと言っても、実は多種多様なカレーがあるのだが、カオニウ・マムアンに関しては、基本的には「餅米」と「マンゴー」の品質によるので、どこで食べても大きな違いはない。逆に、餅米とマンゴーの品質さえよければ、「ある程度の美味しさのカオニウ・マムアンが作れると保証されている」とも言える。

 

 JTHのレストランの料理は、タイ料理から西欧料理のスナックまで、何をオーダーしても、まず大きな外れがない。それは、スムージーなどの飲み物に至るまで高い水準を維持している。

 

 また、料理を楽しむ環境も最高水準である。レストランの内装、接客レベルの水準、施設の周囲の静かさ。(その分、料金も日本のレストランとそう変わらない価格ではあるが)

 

 カオニウ・マムアンは安いところだと、路上の売店などでは4050バーツほどから食べることができるが、どうしても餅米やマンゴーの品質が落ちる。やはり一度は、最高水準のカオニウ・マムアンをJTHのレストランにて食べてみるのも良いだろう。200バーツほどするが、「人生で最も美味しいカオニウ・マムアンはこれだ」、という人も少なくない。

 

 

 正直なところ、JTのシルク製品は値付けが高い上にデザインが古臭く、身内には購入は勧めない。アウトレットも数店あるが、アウトレット価格でも他のシルク製品よりもはるかに高いモノが目につく。

 

 しかも「ジム・トンプソン」と「日本たばこ」とはイニシャルが同じなので、日本で「JT」のロゴの製品は身に付けたくない人も多い。ジム・トンプソンにおいて特筆すべきは、ジム・トンプソン・ハウスの美しさ、そしてカオニウ・マムアンの美味さだろう。

 

 

- Advertisement - 広告

 

どうせなら、美味いのを。