ベトナムは「チョー」が面白い

 

 「チョー(またはジョー)」とは、ベトナム語で「市場」のことを指す。ここではベトナム語の発音記号を載せると、環境によっては文字化けしそうなので割愛するが、Chooの右側にヒゲと下に点がくっ付く。

 

 語順は「チョー・アンクー(アンクー市場)」「チョー・ガ(駅前市場)」のように、先に「チョー」がつく。

 

 20年前の中国大陸を想起させるベトナムは、急速に変わりゆく途上国の一つであるが、昔ながらのベトナムの匂いを感じるには、大きなスーパーなどに行くよりも、昔ながらの「チョー」に行くのが良い。大きな「チョー」では生活に必要な衣食住の「衣食」の部分はなんでも揃う。

 

 「チョー」での主役は、おばさんだ。ベトナム男性がいい加減だからか、ベトナム女性はしっかりした人が多い。値段の交渉もしっかりしないとならず、また男性に負けず、相場をしらない人々からの「ぼったくり根性」もすわっている。

 

 

 「チョー」は街(町)のサイズによらず、たいていどこにでもある。エアコンの効いた「チョー」にはなかなかお目にかかれないが、屋根がついている大規模な「チョー」もあれば、パラソルだけがたくさん寄せ集まって、日陰を作り、その下に「チョー」を形成している小ぶりなものもある。

 

ベトナム人の胃袋を満たす食材の宝庫である「チョー」
ベトナム人の胃袋を満たす食材の宝庫である「チョー」

 

 「チョー」は、外国資本のスーパーなどと比べると、ゴミなどがその辺に散乱しているのでずっと汚いのであるが、「チョー」を利用する人々はゴミなどを余り気にしていないようだ。むしろ、ベトナムでは「やや汚い、やや不恰好」なのがデフォルトなので、小綺麗に片付きよくデザインされた所の方が、「あれ、なんだここ」と違和感を覚える。

 

 中規模以上のサイズの「チョー」には、なぜか「床屋さん」が付いている所が多い。「チョー」で買い物をするついでに、洗髪してもらったり、散髪してもらったりもするのだろう。人が集まる「チョー」なので、ここに床屋を構えるのもうなずける。

 

- Advertisement スポンサー広告-

 

「チョー」好き?