ベトナムのサパにて、棚田とカット・カット村を眺めながらお茶

 

 ベトナムのサパの中心部から、徒歩で30分ばかり坂を下ったところに、カット・カットという名の村がある。ベトナム語での綴りは、「cat cat」なので、沢山の猫がいる村なのかと勘違いして小躍りしたが、「キャット・キャット」ではなく、「カット・カット」と読むのが正しいのだそうだ。紛らわしい。

 

 

 サパの中心部からカット・カット村へと、蛇行する坂道を歩いて行くと、村への入り口で入村料を支払う少し手前に、小高い丘があるのが目につく。村の全貌が見渡せ、かつ裏手の棚田の風景も見られる好立地の場所に立つ建物は、どうやら日本のお金も少し入ったプロジェクトのようだ。

 

- Advertisement - 広告

 

 小高い丘の上に建つ建物の最上階まで登ってみると、山裾の村を吹き抜けていく風が、この建物の内外を水流のごとく吹き抜けていくのが感じらえる。懐かしさを感じさせる美しい景色に、カメラのシャッターを切る手が止まらない。

 

 

 現地の人でここを利用する人はほとんどおらず、明らかに観光客目的の施設なのであるが、絶景を楽しめる好立地の施設なので、いつでも覗きに来る客足は途絶えないようだ。

 

 

 

どうせなら猫が沢山いる村だといいのに