急変(しようと)する、ラオスの首都ビエンチャン

 

 ラオスの首都ビエンチャンは、観光資源に乏しい街だ。ここを訪れる多くの外国人の目的は、北にあるバン・ビエンやルアンパバーンへの道中か、タイ王国へのビザを取得する為であり、「ビエンチャンの観光の為」という人は少ない。北部を目指す人々は素通りし、ビザの申請に来た人々はタイ王国の領事館就労日の午前中に申請を行い、翌就労日の午後にビザ受領した外国人たちは、そそくさとこの街を後にする。

 

 

 2年振りにビエンチャンを訪れてみると、街の様子がまた変わっているのが感じられた。街の経済規模に不釣り合いな中国資本のショッピング・モールや大型ホテル、その近隣にも近代的なショッピング・モールやオフィス棟、ホテルなどが建築中なのである。

 

 

 中国大陸人というのは、この手の開発が大好きで、大陸各地に需要も乏しいのに作り出した、ショッピング・モールやマンション群の「ゴースト・タウン」を形成するだけでは満足できず、ラオスに来てまで同じことをしようとしている。中国大陸人には、「需給予測が極端に下手な人たち」が多くいるのだが、それは彼らが関わる国外プロジェクトにおいても同じである。

 

 

 中国銀行の入居するビエンチャン・センターという名の新しいショッピング・モールを覗いてみると、フード・コート以外には客はほとんど入っておらず、4階まで吹き抜けの構内は、実に「ひろびろ」としている。

 

 イベント・スペースでは、コンパニオンを動員し、ランボルギーニやロールス・ロイスといった高級輸入車のプロモーションなどをしているのだが、山間部は平らな道の方が少なく、首都ビエンチャンですらまだ至る所で道が凸凹なラオスにおいて、どこに高級輸入車を乗っていくというのであろうか。ごく一部の特権階級の人々のコレクションの為なのではあろうが、「ラオスと高級輸入車」の取り合わせは、寒々とした光景だ。

コンパニオンのほぼ全員の鼻にシリコンが入っているのは、タイから受け継いだ文化か。
コンパニオンのほぼ全員の鼻にシリコンが入っているのは、タイから受け継いだ文化か。

 

 もう数年もすると、開発中の物件がオープンし、ビエンチャンという街も外見上は急変していく。中身がないままに、箱だけ立派なものを勢いで建てまくった中国の轍を思い切り踏もうとしている、ラオスの首都ビエンチャンの先行きが心配だ。

 

 

- Advertisement スポンサー広告-

 

 

 

ラオスよ、何処に行く?