夜の散歩は、割と快適なラオスの首都ビエンチャン

 

 ラオスの首都ビエンチャンは、特に見所がないことで有名だ。

 

 だからといって、一日中ホテルに篭っているわけにもいかない。乾季には日差しが強かったり、雨季にはシトシトと長雨が降っているので、日中の街歩きには向かないビエンチャンなのだが、夜の顔は風情を感じさせる面もある。ただし、一夜歩き周れば、すでに十分なのであるが。

 

メコン川の対岸には、タイ王国のノンカイの灯が見える
メコン川の対岸には、タイ王国のノンカイの灯が見える

 

 ビエンチャンの街の中心を走るランサン通り(Ave Lane Xang)は、ラオスにしては珍しく、ほとんど凸凹のない道だ。

 

 メコン川沿いのチャオアヌウォン公園を彩るナイト・マーケットを冷やかした後、セタチラト通りを抜け、ランサン通りの角にあるワット・シーサケットから、パリの凱旋門のような形をしたタトゥサイ・モニュメントへと向かっていくコースが、夜の散歩の定番だろう。

 

 

 ランサン通りに建ち並ぶ政府機関や銀行の店舗、小さな商店の集合ビルであるサオ市場などは、すでに店じまいしており、ランサン通り沿いにレストランやカフェなどが並ぶわけでもないので、ただひたすらと歩くことになるのだが、日中の肌を焼く強い日差しとは異なり、夜の散歩はそれなりに気持ちが良い。

 

 

 一人で歩いていると、かなり寂しい気分にもなりかねない「ビエンチャンの夜の散歩道」なので、できれば友人と一緒に散策することをお勧めする。

 

  運悪くビエンチャンに一人で行っても、その辺の旅人を誘って散歩に行けばよい。大抵の場合、彼らも暇を持て余している。友人達と一緒であれば、どんなに退屈な道でも、少しは気分が紛れるだろう。

- Advertisement スポンサー広告-

 

 

素敵な旅のパートナーがいれば、どこでも楽しめる