チェンマイで世界最高クラスのカフェ・ラテを愉しむ

 

 残念な街になりつつあるチェンマイという感慨を書いた。

 

 残念な街ではあるチェンマイにも、「これは!」というカフェを見つけることはできる。チェンマイでは有名な「Ristr8to Coffee」がそれだ。

 

address:

15/3 Nimmanhemin road,MuangChiang Mai 50200

 

 店名のRistr8toとは、濃い少量のCoffeeである「エスプレッソ」同様に、イタリア語の「リストレット」から来ているようだ。通常のCoffeeを淹れるのと同じだけのCoffee豆・粉で、少量の濃いCoffeeを淹れる際のそれをRistreto(リストレット)と呼ぶらしい。8はエイトを文字って入れたのだろう。

 

 「世界カフェ・ラテ大会」という、一般人には聞き慣れない大会があるらしい。その2007年の世界王者が経営するお店なのだが、売りはやはり美しく美味しい各種カフェ・ラテ。

 店長がまだ若いので、そこにいることに最初は気づかないのだが、カフェ・ラテを淹れくれているのは、店主その人であったりするのを2度目か3度目に知ることになる。若いバイトの子かと思うほどの飾り気のない雰囲気の店主。グーグル・マップの情報の右にいる若い男性が店主。一見するとバイトの子かと思うけれど。

 

 

お店のHPのURLはこちら:ristr8to-coffee-chiangmai.com

 

 このお店は、すでにチェンマイに大挙する中国大陸人たちにも有名であり、20人も入れば一杯になってしまう店内には、多くの中国人観光客たちがやってきていた。

  かくいう自分も、早朝に日の出を一緒に観に行った、澳門大学に通うキャミールから「Coffee好き?いいお店があるみたいだよ」と誘われ、バイクの後部座席に彼女を乗せて行った先がここであった。

 同日早朝にバイクの後部座席に乗せた人生経験豊富な韓国人女性(推定40代)は、情熱的にがっしりとしがみついてきたが、この19才の女子大生はほとんど自分に触れることがなかった。不条理である。

 

 さて、お店が188分に閉店してしまうというのも、このカフェの希少価値をあげている。店内の内装も本気でCoffeeが好きな人が店主なのだろうと感じさせる。

 肝心のサタン(カフェ・ラテ)もさすが見た目が美しく、さらに美味。試しに頼んでみたワッフル・タワー(アイスクリームとワッフル)もサクサクでカフェ・ラテによく合う。

 

 タイ王国には、ドイ・チャーンなどイマイチな地元Coffeeや、砂糖とクリームが最初から入った3 in 1のインスタント・コーヒーを好んで飲む人々もいるが、味の違いがわかる人々は、こうした新興珈琲店に足を運ぶのだろう。

 

 

 

 

 

しがみついても良いのに