タイ王国南部クラビ県のランタ島国立公園は、タイ人気質全開

 

タイ王国の南部にあるランタ島について書いている。

 

 ランタ島国立公園(Mo Koh Lanta National Park)は、ランタ島の最南端に位置する森あり海ありの国立公園だ。小さなバイクで行くにはやや傾斜のきついアップ・ダウンの山道を抜けると、ランタ島最南端の国立公園に辿り着く。

 

 ランタ島国立公園の入口には、チケット・ブースを備えた関所が設けられており、タイ人:40バーツ、外国人:200バーツというタイ王国のダブル・スタンダードはここでも健在だ。

 

 外国人向けには英語で表記され、タイ人向けにはタイ文字で表記されている。大方の外国人がタイ文字(及びタイ数字)を読めないのが分かっての配慮である。これは首都バンコクの高級デパートであるパラゴンの地下にある水族館や、多くの国立公園でも垣間見られる、タイ人気質を如実に表す現象だ。実に素敵な「微笑みの国」である。

 

 

 さて、国立公園の入場からタイ人気質を堪能させられたところで、すっかりゲンナリした外国人を待っているのは、タイ王国の中でも有数の美しさを誇るビーチである。ここは国立公園として保護され、外国人には特別高い料金で入場させるなどの措置により、美しい海の景観が保たれている。実際には、タイ王国において海や山でゴミをポイ捨てし汚している不届き者の多くはタイ人なのであるが、そうした本当の事はここでは言わないでおこう。ここは素敵な「微笑みの国」なのだ。

 

 

 さてさて、気を取り直してランタ島最南端のビーチを観てみると、やはりここは絵になる浜辺だ。余計なビーチ・チェアの群れや海上アクティビティが無いのも静かで良い。あとはタイ人が性根を正し、ローカルの人々の数倍という法外な外国人料金などというものを撤廃してくれれば、などと期待してもそれはなかなか難しそうだ。ここは「素敵な国王様の素敵な微笑みの国」なのだから。

- Advertisement スポンサー広告-

 

 

 

 

 

 

微笑みの国、ってねぇ