映画『お早よう』(1959) 小津安二郎監督

 

 以前、買い込んだDVDの中から古い邦画を観た。小津安二郎監督の『お早よう』である。1959年公開の作品であるから、57年前の映画になる。自分がまだ生まれる前の映画であるばかりか、この映画をリアル・タイムに劇場で観ていた世代は、そろそろ他界している人の方が多いのではないだろうか。小津監督をはじめ、ほとんどの俳優・スタッフは他界しているだろう。

Blue Ray       DVD

 

 『お早よう』

 

製作=松竹(大船撮影所) 
1959年
 94

 

製作

................ 

山内静夫

監督

................ 

小津安二郎

脚本

................ 

野田高梧 小津安二郎

 

 

 小津監督の『東京物語』はつとに有名であるが、監督の名前を知っていても、しっかりとその作品を全て観ているという若い人は少ないだろう。かく言う自分も観ていない作品の方が多い。

 

 小津安二郎が日本映画界・世界の映画界に与えた影響は多大で、その絵作りの細部にまで至るこだわりはつとに有名だ。役者にも自分の思い描いた通りの演技をさせたらしく、NG80回以上出すこともあったという。役者がカメラを見据えて話す手法や、ロー・アングルの安定感など、彼が生み出した手法の幾つかは、今日のカット数が多く、動きの速い映画では観られなくなりつつある。

 本作は、長屋のような場所で近所付き合いをせざるを得ない人々の、なんでもない日常生活の中で、他愛もない会話を用いながら、人生の憂い、人々の優しさや滑稽さや卑屈さ、繰り返し同じ題材による笑いの要素、時折ファンタジーの要素を混ぜながら、人間の心の明暗を描く手腕などは、さすが小津安二郎である。

 本当に、一つ一つのシーンは「どうでもよい内容の普通の会話」で成り立っているので、ひょっとすると動きの速い映画になれた世代には、観終わることが困難かもしれない。

<『お早よう』>

 

Performance: 5

Visual: 5

Story: 5

Sound & Music: 3

Originality: 5

 

合計:25点満点で23点!

 

 DVDよりもブルーレイだと、よりオリジナルの映像に近い美しさが味わえるらしいので、いつかブルーレイでも観直してみたい。

Blue Ray       DVD

あいらぶゆー