バンコクの中心部にありながら、参観者が極度に少ない寺

 

  BTSサイアム駅の側の大型高級ショッピング・モールであるパラゴンやサイアム・センターはよく知られている。また、タイ王国最大のショッピング・センターといわれるセントラル・ワールドも徒歩で行ける距離にある。

 そして、最高級デパートであるパラゴンと最大級ショッピング・モールのセントラル・ワールドの間に、誰もが目の端では認識しつつも、あまり訪れる人のいないパトゥム寺がある。

 正式名称は、パトゥムワナラム・ラチャウォラウィハン寺というらしいが、長過ぎるのでパトゥム寺(ワット・パトゥム)と呼ぼう。

 

 パトゥム寺は、バンコクで最も交通渋滞の激しい地区の一角にあるからか、この近辺の交通量の割に、訪れる人が極めて少ない。しかし、一歩中に足を踏み入れてみると、この寺が格式の高い寺であることが感じられる。新しそうな寺ではあるけれど。

 

 タイ王国のランクの低い寺では、寺の造りや内装の宗教画がかなり適当であったりすることもあるのだが、パトゥム寺の建築物や内装は手を抜いていないことが素人目にも感じられる。チャオプラヤー川沿いのワット・プラケオやワット・ポー、暁の寺として有名なワット・アルン、海抜が低く平地の多いバンコクには珍しい丘の上に建つワット・サケットは入場料がかかるが、このパトゥム寺は他の多くの寺院同様に入場料が無料なのも良い。

 

 パトゥム寺は、この近隣の広範囲の土地を所有する王室に属する寺であるかもしれないが、20158月に無差別爆弾テロによる死傷事件のあった、セントラル・ワールド斜め前にある、適当なエラワン廟(失礼)の方が訪問者が絶えず、有り難がられているから不思議である。

 

 どちらかといえば、私にはパトゥム寺の方がずっと有難い寺であるように感じられるし、周辺のショッピング・モールとのギャップを感じつつ、境内を散策するのが楽しい寺だと思える。

 

 サイアムの近隣にお立ち寄りの際に、足を止めてみることを勧めたい。「ロケーション抜群で空いている割に、悪くない寺じゃないか」と思われるのではないだろうか。

悪くないよね