ベトナムを旅する際に知っておくと便利な2つの交通サイト

 

 南北に長いベトナムを旅する際に、知っておくと便利な交通サイトを2つ挙げるとすれば、それは「鉄道サイト」と「バスの運行サイト」であるだろう。航空券のサイトに関しては、スカイスキャナーがあるので、それを使えば良いが、ローカルの鉄道やバスはこれに類する世界的なウェブ・サイトが存在しないので、ローカルのサイトを知っておくと良い。

 まず、ベトナム国営鉄道のサイト: dsvn.vn

 このサイトはベトナムの国鉄が運営するサイトで、料金や時間、空席状況などが検索できる。数年前に交通省の大臣が代わり、ベトナムでもようやくこうした座席照会のウェブ・サイトが設けられた。

 

 しかし、グーグルなどで「vietnam railway」などと検索しても、検索結果のトップ・ページにはこのページは表示されず、他の中間業者のサイトがいくつも表示される。

 しかも、紛らわしいURLを持ったサイトも多くあるので、そちらに流されて中間マージンのたっぷり乗った切符を買わされることにもなりかねない。この辺り、ベトナムでは注意が必要だ。

 

 ベトナム鉄道の面白いところは、通常の座席や寝台席以外に、エクストラ・シートが販売されているところだろう。通常の席が売り切れてしまった場合に、即席のプラスチック椅子での座席が、各車両の空いているスペースに設けられる。それを国営鉄道のウェブ上でも見ることができるのだ。日本では安全上の問題が指摘され、こうしたプラスチック椅子の座席販売はないだろう。

エクストラ・シートの欄が一番下に見える
エクストラ・シートの欄が一番下に見える

 そして、バスの運行比較サイト: vexere.com

 こちらのサイトでは、複数のバス会社が運行する路線を比較検索することができる。料金と時間が主な検索対象であり、空席状況は実際にチケット購入のために連絡を取ってみないとわからないのであるが、路線とおおよその料金を知らないことには、移動の予定も立てられない。     

 

 また、ホテルや旅行会社を通してチケットを手配する場合にも、事前に価格を知っていれば、どれぐらいマージンを乗せてきているかも分かり、交渉の際に「価格の落とし所」を念頭に話ができる。

 

 ベトナムの特殊事情としては、春節(テト)の時期、民族大移動が中国大陸同様に起こるので、航空券価格同様、バスのチケット価格も高騰することも押さえておこう。

 

Bon Voyage