ベトナム三番目の都市のアクセシビリティーの高さ

 

 ベトナム社会主義共和国の首都は、北部にあるハノイであり、ハノイは経済では国内二番手である。ベトナム経済で最大の街は、南部のホーチミン(サイゴン)であることは言うまでもない。では、ベトナム共和国で三番目の経済都市はどこか?

 ベトナム事情を少しかじった人ならば即答できる問いであるが、それはベトナム中部にあるダナン(Da Nang)だ。

 

 海に面したダナンの街は、ベトナムの北と南とを分ける山嶺の南側に位置する。山脈のこちらと側と向こう側では、気候が一変するのが面白い。ダナンの北の古都フエとの間の鉄道の車窓の景色は、ベトナム鉄道を好む人には特に有名な区間で、海を見ながら山脈をゆっくりと越えていくこの区間を「ベトナム随一の鉄道絶景」だとする人が多い。

ダナンの街のシンボルの一つ、ドラゴン・ブリッジ。こうしたバカ建築も楽しい。
ダナンの街のシンボルの一つ、ドラゴン・ブリッジ。こうしたバカ建築も楽しい。

 

 ダナンの街は、ベトナム共和国の三番目に発展した街でありながら、人口約100万人とそう大きくなく、街の中心部に空港が位置し、空港から数キロ街の北側に鉄道駅が位置すると言った具合に、非常にアクセシビリティーの高い街である。約9600万人の人口を誇るベトナム社会主義共和国の第三の都市が、人口たったの約100万人というのは、とても小さい気がするが、それだけベトナムという国においては、人々が散らばって生活しているということを表しているのだろう。

 

 首都ハノイや南の経済都市ホーチミンの空港は、他国の大きな都市同様に街中から数十キロ離れているのであるが、ダナンのそれは国際線の乗り入れもあるものの、街の中心部に位置しているのが面白い。それはまるで、ベトナム共産党のいい加減な幹部が、「ダナンがこんなに大きくなるとは思っていなかった」という無計画さのままに、適当に空港の場所を決めてしまったかのようだ。

ダナン駅は、「ベトナム第三の都市の駅舎」とは思えないほど小ぶり。
ダナン駅は、「ベトナム第三の都市の駅舎」とは思えないほど小ぶり。

 旅人を「空港から街中までの移動」だけでまた疲れさせてしまう街よりも、空港がすぐ街中にあるダナンは、観光やビジネスに訪れる人々にとって移動がしやすい街である。

 少し頑張れば、空港や駅から海辺まで歩いていけないこともない。宿もベトナム人らしく、無計画にたくさん林立しており、多くの観光客を収容するだけのキャパシティは十二分にある。また新しい宿が次々にオープンし、部屋数が増え続けているので、観光客が増えても宿代が高騰しないのも、ダナンという街の魅力である。

ベトナムの多くのビルは、四方の骨組みの間をブロックで埋めていくという建築方式
ベトナムの多くのビルは、四方の骨組みの間をブロックで埋めていくという建築方式

 

 ダナンには長い海岸線があり、突き出した半島部分には大きな女像や猿山があるなど、数日の観光には良い場所だ。さらに、ダナンの街を拠点に、南に30キロばかり行ったところにある世界遺産の町ホイ・アンに立ち寄ったり、ほぼ同距離にある山中の世界遺産、ミー・ソン遺跡に行くこともできる。

 交通量の比較的少ないダナンの街で、バイクをレンタルし、ベトナムのバイクの波に混ざってツーリングを楽しむのも一興だ。

ベトナム中部は、ダナンを起点に。