※携帯・スマホでも閲覧可能ですが、最適な閲覧環境はPC・Macに設定しています。 

曼谷華僑の夢の跡「廊1919」の媽祖廟

 

前回のブログ「曼谷華僑の夢の跡 廊1919を歩く」からの続きです。

 

 

「廊 1919」では「コの字型」に建物が配置されている。その建物群の中央に「媽祖廟」が鎮座する。タイ王国の南端のマレーシアに隣接した地域には、イスラム教を信仰する人が多いが、その他の地域は「ほぼ全域が仏教徒の国」であり、こうした「中国沿岸部の儒教を祖とする廟」はどちらかというと珍しい。

続きを読む

曼谷華僑の夢の跡 「廊1919」を歩く

 

前回のブログ「曼谷華僑の夢の跡 廊1919に想う」からの続きです。

 

 

城壁のような「廊 1919」のエントランスの門をくぐると、そこには華僑・華人テイストな中庭が広がっている。敷地と建物の配置をざっくりと乱暴に描写すると、細長い敷地の周囲を囲むように、「コの字型」に建物が配置されており、その中央に媽祖廟からチャオプラヤー川まで中庭が続く。

 

続きを読む

曼谷華僑の夢の跡 「廊1919」に想う

 

前回のブログ「曼谷華僑の夢の跡 廊1919からの続きです。

 

 

コロナ禍が始まる前には、それなりに訪れる人も多かったであろう「廊1919」であるが、今は辛うじてオープンしているものの、まだ施設の半分ぐらいは休眠状態であり、訪れる人の姿もまばらである。逆に、大声で話したり自撮りに夢中になる大陸からの観光客などが全くいない分、とても快適である。

 

続きを読む

曼谷華僑の夢の跡 「廊1919」

 

意外というほどのことでもないが、タイ王国の首都バンコク(曼谷)には、「本当に古い遺産などの見どころ」が少ない。

 

イタリアのローマを筆頭に、ヨーロッパ諸国の首都には、街中に2000年前後から数百年の遺跡がゴロゴロとあるが、タイ王国においては、そうした場所は稀有である。

 

首都として既に三百年かそこらの歴史はあるバンコクだが、多くの建物は、古いものでも数十年以下の比較的日の浅い歴史しか有しておらず、一見古そうに見えても、実の所、かなり真新しい建物ばかりの街なのである。

 

タイ王国の歴史自体が、スコータイ王朝の八百年ほど前からのものなので、そもそもイタリアなどとは比べようもないのだけれど、それにしても「本当に古いもの」は少ない。

 

百年かそこらの築年数の建造物でも、三百年の都バンコクにおいては「かなり古い遺跡」というレベルの場所となる。そういう意味では、チャオプラヤー川沿いの華僑の夢の跡である「廊1919(英語表記:Lhong 1919)」もそれに当たるのだろう。

 

続きを読む