インドネシアが恋しい季節

 

 東南アジア諸国連合(ASEAN10カ国のうち、9カ国は北半球か赤道直下に位置している。例外は、インドネシアだ。

 

 一万三千島あまりの島々で構成されるインドネシアは、東南アジア諸国の中では例外的に、南半球にそのほとんどの島がある。北半球と南半球では季節が逆転するので、東南アジア各国が長い雨季の時に、逆にインドネシアでは乾季の良い季節となっているのだ。5月から10月まで長い雨季に入る北半球の東南アジアとは裏腹に、ほぼ同時期が乾季なのである。

続きを読む

しばしばインドネシア化する香港の公園

 

  イギリスの植民地時代を経た香港は、日本よりも外国人ワーカーの受け入れを積極的に行ってきた。そもそも、中国の一地方である小さな漁村や港町から急激に発展した地域なので、移民が多く行き来することに対し、抵抗が少ない土壌があるのだろう。

 

 それにしても、ここ数年の香港では、中国でありながら、ASEANの風が吹いているかのように思える。かつては英語の使えるフィリピン人の家政婦さんやブルー・カラーの人々が多かったが、ここ数年で急激に英語のそううまくない、まして中国語などほとんどできないインドネシア人女性の労働者が多く見られるようになった。

続きを読む