ボラカイ島:島を見渡す高台と原住民居住地区

 

 フィリピンのボラカイ島について書いています。

 

 旅人は、主に「美しいビーチ」を求め、ボラカイ島にやってくる。

 

 では、「ボラカイ島にビーチ以外になにがあるか?」と問われれば、「島をある程度見渡せる高台」、そして、島に早い段階から移り住んでいたとされる「原住民の居住地区」などが挙げられる。どちらも行くのに少し時間がかかるが、その割に滞在時間は短い場所である。特に、「原住民の居住地区」は観光目的の場所になっていないため、その地区に入ることは「本来は」好ましくないようだ。本来は。

続きを読む

ボラカイ島でのビーチ・ホッピング

 

 フィリピンの「ボラカイ島」に関して書いています。

 

 

 ボラカイ島には、20ほどのビーチがある。

 

 最も有名なビーチは、4kmにも渡って白い砂浜の続くホワイト・ビーチであるが、有名なだけあり人も多い。今日では、フィリピンにも関わらず、ここで中国人と韓国人に遭遇せず数百メートル歩くことは不可能だ。

 

 気軽に静かなビーチを堪能したければ、ホワイト・ビーチから島の反対側へと数百メートル行った場所にある、ブラボック・ビーチへと行き、さらに右手にずっと歩いて行くと、人気の少ないビーチへとたどり着く。ここは朝晩の散歩にも適している。

 

 この一帯、ボラカイ島の中央部のバラバッグと呼ばれるエリアには、特に観光客が多いので、より静かなビーチを目指すのであれば、ボラカイ島のメイン港がある南側とは真逆の、島の北側へと向かうのが良い。

続きを読む

ボラカイ島:物価と交通手段、旅のスタイル

 

 「フィリピンのボラカイ島」について書いています。

 

 

 フィリピンのボラカイ島の物価は、いわゆる「観光地価格」である。他のフィリピンの一般的な町よりも物価が高いのは、食事や宿泊だけでなく、交通手段にも及ぶ。

 

 通常、フィリピンの海沿いの町で小型のバイクをレンタルしても、5ドルから10ドルの間で借りられるものが、ボラカイ島では安くても20ドル以上はかかるとみておかなければならない。場合によっては30ドル、40ドルといった値段を提示している業者もあり、ボラカイ島は数千の島を領有するフィリピンの中でも、最も物価の高い島の一つだ。

 

続きを読む

ボラカイ島:「リトル・コリア」か「チャイナ・タウン」

 

 フィリピンで美しいビーチのある島として特に有名なのが、パラワン島とボラカイ島である。パラワン島は一つの行政地区になるほど大きな島であるが、ボラカイ島はアクラン県に所属する小さめの島だ。

 

 しかし、ここには4キロにも及ぶ「ホワイト・ビーチ」という名の、文字通り長く美しい「白浜」があり、大小合わせると約20ものビーチが島のここそこに点在している。

続きを読む