現地人でも辛い、ベトナムの中長距離ローカル・バス

 

 ベトナム各地を移動する際に、飛行場がない町を転々とする場合、1日に数本しかない鉄道でなく、本数の多いローカル・バスを利用することが多くなる。飛行機や鉄道よりも安く、かつ頻繁に発着している中長距離ローカル・バスは、ベトナム現地を移動する人々の足として、なくてはならない存在だ。

 

 しかし、ローカル・バスの中には、外国人だとみるや料金をぼったくろうとしたり、道が空いているにも関わらず、最徐行して道端で少しでも多くの客を引こうとしたり、各種荷物を運ぶ運送業を兼業しているバスも多く、まだまだ「快適なローカル・バスの旅」と呼ぶには難しい段階にある。

続きを読む

フエの街を眺望するルーフ・トップ・バーの想い出

 

 前回の「ベトナムのフエで、アオザイを撮影。」からの続きです。

 

 疾風のごとくベトナムの古都フエを去って行った「ハノイ女子三人組」。彼女たちの去った後のフエの夜風には、どこか心を締め付ける余韻が漂っていた。

 

 しかし、さすがは「アメージング・ベトナム」である。にわかに友となった人々との「惜別の余韻」を一気に冷ますイベントには事欠かない。

 

 歩いて宿へと戻る道すがら、米系の某D社などの「似非キャラクター」が古都フエの街の空気を和ませてくれていた。やれやれ。

続きを読む

ベトナムのフエにて、アオザイ撮影。

 

 前回、世界文化遺産である「ベトナムはフエの王宮」で、三人のハノイ女子と知り合ったことを書きました。今回はその続きです。

 

 

 王宮の散策が済んだところで、タクシーを走らせ、ベトナム人に有名なお店まで向かう。ハノイ女子の三人に、フエの街で有名な生春巻き等の料理をご馳走になった。

 

続きを読む

ベトナムの古都、世界遺産のあるフエ

 

 ベトナム人にとって、「古都フエ(Hue)」といえば、日本人にとっての「京都」のような場所に相当するのであろう。そこにはベトナム文化の源の一派があり、彼の地で暮らす人々はどこか「はんなりとした所作」を身につけているようだ。地理的にも丁度ベトナム中部にあり、京都が日本列島の中腹にあるのとも共通している。

続きを読む

ベトナムでの「典型的なぼったくり」5選

 

 ベトナムでは「多種多様なぼったくり」があるかと思われる。旅人(ベトナム人含む)や外国人が遭遇しやすい、「ぼったくりの5つの典型例」をここで紹介しよう。

続きを読む

ベトナムの方がタイより、ずっとアメージングだ。

 

 タイ王国の観光キャッチ・フレーズに、「アメージング・タイランド」というものがある。「驚くべきタイ王国」。そう、「かつてはそうだった」と思う。しかし、タイ王国の多くの「驚くべき自然」は観光地化され消耗し、観光客慣れしたバンコク人の多くの顔からは、微笑みがほぼ消えた。正直、タイ王国でアメージングなのは、トランス・ジェンダーの人々のレベルの高さぐらいになった。

 

 近年、タイ王国よりもよっぽど「アメージング」なのは、「ベトナム」ではないかと思う。以前のブログでも何度か触れたことがあるが、それは「ベトナムの自然」というよりも、 「ベトナム人」がアメージングだという意味だ。

続きを読む

書き方の練習をするベトナムの子供達

 

 ベトナムのムイネーを旅した時に、何度か食事をしに行った「果物屋 レストラン 住居」がある。そこでは店をやりくりするお母さんと子供達、親類のおばさんが「果物屋 レストラン 住居」で仲良く暮らしていた。

 

  正確には、「おおむね仲良く」暮らしていた。

続きを読む

洪水すら観光資源にする、たくましいベトナム人

 

 ベトナムの観光名所である世界文化遺産の「ホイアン」。ベトナム第三の都市であるダナンから南に30キロばかり南下したところにあるこの町に、なんだかんだとかれこれ5回は足を運んでいる。

 

 初めて訪れた際には、物価も比較的「ベトナム価格」であったが、ここ数年の観光地化によって一気に人の波が増え、旧市街の中心部から放射線状に物価がぐんぐんと上がっていってしまった。

続きを読む

あるスター・ウォーズの物語 『ローグ・ワン』

 

 1216日に世界公開された『ローグ・ワン:スター・ウォーズ』2D3Dでベトナムにおいて二度観てきた。

 

 まず、2D版を中部都市のダナン(Da Nangで観たのであるが、ベトナム人には中国大陸人よりも躾のなっていない人々が多く、劇場内は終始騒がしく、映画を鑑賞しにきたのか、自分の忍耐心を試しに来たのか分からない感じであった。ベトナムは中国大陸を20年遅れて追っているような社会である。

 

 少し価格の高い3D版(それでも85000VND、約425円)を数日後の平日にわざわざ観直しに行った。幸い、ホーチミンの生まれ故郷であるビン(Vinh)の駅前にできたロッテ・シネマでは、行儀の悪いベトナム人の他の観客を気にすることなく、3Dの『ローグ・ワン』をほぼ劇場貸切で堪能することができた。

 

 ただ単に、駅前にできたばかりのモールへの客の入りが悪かっただけであるが。    

続きを読む

ハノイの美味い店:Quan An Ngon

 

 ベトナムのハノイ駅から数ブロックの徒歩圏にあり、ハノイを訪れるたびに一度は立ち寄るレストランがある。それは、Quan An Ngonである。

 

 以前紹介したホア・ロ監獄、現在はミュージアムとなっている別名「ハノイ・ヒルトン」からも徒歩圏にある。

 

続きを読む

ベトナムのダナンとホイアンの間にある五行山

 

 ベトナム第三の都市であるダナン(Da Nangと、ダナンから南に30キロばかり行ったところにある世界遺産の町ホイアン(Hoi Anは、ベトナムを旅したことのある人にはよく知られている。

 

 実は、ダナンとホイアンの間に、「見過ごしてしまうのはもったいないかもしれない小山」がある。その山は、五行山(英名:The Marble Mountains)と呼ばれる。地域としてはダナンに属するらしいが、街からはやや距離がある。

続きを読む

ハノイのホー・チミン廟前の衛兵はゆるめ

 

 「モスクワのクレムリンに立つ衛兵」について書いた。

 

 実は、ベトナム社会主義共和国の首都ハノイにも、同じ社会主義国家の先輩であるロシアに見習ってか、衛兵の行進が見られる場所がある。ベトナムの独立に尽力し、国父として崇められているホー叔父さんことホー・チミンの遺体が収められている「ホー・チミン廟」前にある広場がそこだ。

 

続きを読む

ベトナム人ドライバーを近隣諸国で働かせたくない理由

 

 「ベトナムのローカル・バスの過酷さについて」は、以前にも書いた。

 

 今回は、そんな「ベトナム人のクレイジーなドライバーたちを近隣諸国では働かせたくない」という話をしよう。

 

 一度でもベトナムに行ったことのある人であれば、ベトナム人の交通法規を無視した滅茶苦茶な車やバイクの運転を眼にしたことがあるはずだ。先日、ラオス南部のサバンナケットからベトナムのラオバオへと抜けるバスに乗った時のこと。このバスはほとんどラオスの領地を走る路線バスなのであるが、ドライバーや関係者はベトナム人であった。

続きを読む

ベトナム三番目の都市のアクセシビリティーの高さ

 

 ベトナム社会主義共和国の首都は、北部にあるハノイであり、ハノイは経済では国内二番手である。ベトナム経済で最大の街は、南部のホーチミン(サイゴン)であることは言うまでもない。では、ベトナム共和国で三番目の経済都市はどこか?

 ベトナム事情を少しかじった人ならば即答できる問いであるが、それはベトナム中部にあるダナン(Da Nang)だ。

続きを読む

映画『デッドプール』、マーベル映画の快進撃は続く

 

 2月初旬から世界公開されている『デッドプール』をベトナムで観てきた。

55000VND(約275円)にて。

 

 日本公開は少し先の6月に