ベトナム人は、地面に近い

 

ベトナム各地を旅し、つくづく感じさせられることに、「ベトナム人は土着の民なのだ」ということがある。

 

生まれ故郷に対する愛着だけでなく、「物理的に土地との距離感が近い」のである。そもそも、ベトナムの多くの民は、代々が村社会で暮らしてきたので、「国家」という概念を植え付けるのが難しかったそうだ。

続きを読む

味覚で「ベトナムに着いた」と実感する時

 

 前回、「中国広西省南寧からベトナム・ハノイへの寝台夜行列車」の移動について少し書きました。今回はその続きです。

 

 

 ベトナムを訪れる際、「ああ、ベトナムに戻ってきた」と感じる瞬間は、人それぞれ違うのだろう。ある人は「陸路でベトナムへと国境を超えた時」、ある人は「ベトナムの空港に降り立った時」、またある人は「ベトナムならではの、何かしらの習慣化した行為をした時」に感じるのかもしれない。気の早い人はベトナムへのフライトを控えた空港の待合ターミナルで、周りのベトナム人の振る舞いを見て、「もうすでにここはベトナムだ」と感じるのかもしれない。

続きを読む

中国広西省南寧から、ベトナム・ハノイへの寝台夜行列車

 

 数年前に、寝台夜行列車で中国広西省の南寧からベトナムのハノイへ向けて旅したことがある。中国からベトナムへと鉄路で越境するルートは、かつては雲南省の南端の町・河口からもあったが、ここしばらくその路線での越境は分断されている。

 

 中国は陸路で十数ヶ国と国境を接しているが、鉄道で越境できるのはモンゴルとベトナム、北朝鮮のみである。中国国内には日本と比肩するほどの、そして運行速度では日本を凌駕するほどの高速鉄道がすでに走っているが、諸外国と鉄路で結ぶ路線は、昔ながらの「中国鉄道車両」が走っている。車体からすると、今日の中国の「快速列車」程度の古いが剛健な車体だという印象を受ける。

続きを読む

ベトナム三番目の都市のアクセシビリティーの高さ

 

 ベトナム社会主義共和国の首都は、北部にあるハノイであり、ハノイは経済規模では国内二番手である。ベトナム経済で最大の街は、南部のホーチミン(サイゴン)であることは言うまでもない。では、ベトナム共和国で三番目の経済都市はどこか?

 

 ベトナム事情を少しかじった人ならば即答できる問いであるが、それはベトナム中部にあるダナン(Da Nang)だ。

続きを読む

「ハノイ・ヒルトン」と呼ばれた、ギロチンのある刑務所

 

 ベトナムの首都ハノイの中心部、ハノイ駅とホアン・キエム湖との間に、有名な刑務所がある。かつてベトナム戦争時の米兵捕虜から、たっぷりと皮肉を込め「ハノイ・ヒルトン(The Hanoi Hilton)」と呼ばれた「ホア・ロー刑務所」がそれだ。

 

 今日、ホア・ロー刑務所の一部はまだ現存し、それは、「ホア・ロー刑務所ミュージアム(Hoa Lo Prison Museum)」として一般公開されている。

続きを読む

もはや「小さなプラスチック椅子は文化」のハノイ旧市街

 

 ベトナム人が「地面に近いこと」について、前にも少し書いた。

 

 ベトナムの首都ハノイには、残念ながら見所は少ないのだが、それでも週末の旧市街の夜の喧騒は一見に値する。さらに、ただ傍観者として「一見」するよりも、現地の人々や多くの旅人に混じって、その喧騒の中に身を投じ、 実際にその場の空気との一体感を感ずるのはなお楽しい。

続きを読む

ベトナムのダナンとホイアンの間にある五行山

 

 ベトナム中部、ベトナム第三の都市であるダナン(Da Nang)と、ダナンから南に30キロばかり行ったところにある世界遺産の町ホイアン(Hoi Anは、ベトナムを旅したことのある人にはよく知られている。

 

 実は、ダナンとホイアンの間に、「見過ごしてしまうのはもったいないかもしれない小山」がある。その山は、五行山(英名:The Marble Mountains)と呼ばれる。どちらかといえば、地域としてはダナンに属するらしいが、街からはやや距離がある。

続きを読む

ハノイの美味い店:Quan An Ngon

 

 ベトナムのハノイ駅から数ブロックの徒歩圏にあり、ハノイを訪れるたびに一度は立ち寄るレストランがある。その名をQuan An Ngonという。

 

 ホア・ロ監獄、現在はミュージアムとなっている別名「ハノイ・ヒルトン」からも徒歩圏にある。

続きを読む

ハノイのホー・チミン廟前の衛兵はゆるめ

 

 前回、ロシアの首都モスクワのクレムリンの衛兵の意外な強敵」について書きました。今回は東南アジアのベトナムです。

 

 実は、ベトナム社会主義共和国の首都ハノイにも、同じ社会主義国家の先輩であるロシアに見習ってか、衛兵の行進が見られる場所がある。ベトナムの独立に尽力し、国父として崇められているホー叔父さんことホー・チミンの遺体が収められている「ホー・チミン廟」前にある広場がそこだ。

続きを読む

ベトナム人と魔法の原付バイク

 

 ベトナム人にとって、「小型の原付バイク」とはなんであろうか。それは通勤通学の足であり、デートの相棒であり、仮眠を取るベッドであり、人力では到底運べないものを運ぶ手助けをしてくれる魔法の乗り物である。雨天でも雨合羽さえ羽織ればサブマリーンと化す。

 

続きを読む

ベトナムやラオスのポップ・アップ・レター

 

 ベトナム北部に特に多く、またラオスでも旅行者の集まる地ではよく売られている「ポップ・アップのレター・セット」がある。図柄はベトナムの印象的なシーンや建物が多いが、ラオスで売られているものには、ラオスの同じようなモノがあり、それがベトナム製なのか、ラオス製なのかは判別が難しい。

続きを読む

ベトナム姉妹の甘いささやき

 

 前回、ベトナムのドン・ホイにある気持ちの良いカフェについて書きました。

 

 さて、カフェ以外に何かベトナム中部の田舎町であるドン・ホイにあるかといえば、旅人目線で「ここはすごいな」という場所はほとんどない。目を皿のようにして探せば、きっと何かしらはあるのであろうが、短期間の滞在でそれを見つけるのは至難の技である。ドン・ホイにも海はあるが、ベトナムには海辺の町は相当数あるので、特に珍しくもない。

続きを読む

ベトナムはドン・ホイの緑の多いカフェ

 

 もう4年も前の話になるが、ベトナム中部にある、ドン・ホイ(Dong Hoi)という名の海に面した町を訪れたことがある。

 

 「海に面した町」と書くと、旅情溢れる地なのではないかと思われるかもしれないが、ベトナムは南北細長く、海に面している海岸線が長いので、ベトナムにおいて「海がある」ということは、そう珍しいことでもない。

続きを読む

雨上がりがオススメ、ミーソン遺跡(越)。

 

 数あるベトナム観光地の中でも、ベトナム北部の避暑地サパとベトナム中部の世界遺産の町であるホイアンは、 ベトナム観光で最も人気のある双璧をなす。

 

 

 世界遺産の古都ホイアンから西側(ラオス側)に向けて 、車やバイクで3040分ばかり行ったところに、今回紹介する世界遺産にも指定されているミーソン遺跡(My Son)はある。ベトナム中部のダナンからだと、約70キロほど南に行ったクアン・ナム県の山の中だ。

 

 英語読みだと「マイ・サン」つまり、「私の息子」という意味の言葉になるが、ベトナム語での読み方は「ミー・ソン」だ。

続きを読む