南部ラオス・ツーリング:コンロー洞窟からターケークへ帰還

 

「ターケーク・ループ」のツーリングについて書いています。

 

 

 ツーリングの一番の目的地であった「コンロー洞窟」を堪能し、ターケークに帰還すべく残り150キロほどの道へと戻る。前日に30キロのダートを経験していたのだが、国道13号線まで出てしまえば、もう心配することもないだろうと踏んでいた。

 

 コンロー洞窟から西へと国道8号線を駆け抜け、国道13号線を目指す道中、見晴らしの良い高台に停車し、しばし山々の連なる景色を眺める。

 

 人類誕生以前、かつてはこの辺りも海底であったのだろうか。奇岩が連なる景色に数十億年の地球の歴史を感じる。人類の過ごしてきた数万年さえ束の間であり、人間個人の一生など、宇宙の時間軸では、ほんの一瞬であることなどを思う。せめてこの美しい世界にとって、自分が害になっていなければ良いのだが。

 

続きを読む

南部ラオス・ツーリング:コンロー洞窟

 

 ASEANツーリング事始め」「ターケークからコンロー洞窟への道」の続きです。

 

   コンロー洞窟の近くの町に宿を求めた翌朝、ラオスの田舎町ではよくある「鶏の鳴き声」で目が覚めた。それにしても、鶏は人が眠っていようと、牛が眠っていようと、 朝日が登る頃に容赦なく、喉を振り絞るように鳴くのはなぜだろう。朝の5時頃だというのに。

 

 バイクにまたがり、いざコンロー洞窟を目指す。

 

続きを読む

南部ラオス・ツーリング:ターケークからコンロー洞窟への道

 

ASEANツーリング事始め」の続きです。

 

 ターケークの町から、国道12号、8号を通り、コンロー洞窟(Konglo Cave)を巡り、国道13号線をぐるりと300キロほどのサークルを描いてターケークに帰ってくる道は、通称「ターケーク・ループ(Thakhek Loop)」と呼ばれている。

 

 バイクのレンタルをした店で「ターケーク・ループ」の簡易地図をもらうことができた。300キロほどある中距離のループの割に、地図があまりに簡易なので心配にもなるが、幾つかの区間距離が多少異なることを除けば、このマップで事足りる。それほど、ラオスには田舎町や山道が少なく、「ずっと一本道なので、他に道の選択肢がなく、間違えようがない」のだ。

続きを読む

ASEANツーリング事始め

 

 タイ王国の裏山ラオスでは、バイクをレンタルしてツーリングするのも楽しい。ベトナムのように大量のバイク社会ではない交通量の少ないラオスでも、ワイルドな道が大部分なので、事故にだけは気をつけておかないといけないが、自分で移動手段を持つと、ラオスの旅は数段自由になれる。

続きを読む

ラオスのレストランは侮れない

 

 タイ王国の裏山、ラオス。首都ビエンチャンからバスで3時間ばかり北上したところに、川遊びで有名なバン・ビエンがある。バン・ビエンには欧米のバックパッカーを中心に、多くの若い観光客が集まる。川遊び以外に特にやることもない町なので、 旅人にとって一日に何度かの食事は大切なイベントだ。安くて美味いものに当たればその日は気分よく過ごせるし、その逆であれば、機嫌のよいひと時を取り返すのに、時間がかかる。

続きを読む

ベトナム人ドライバーを近隣諸国で働かせたくない理由

 

 「ベトナムのローカル・バスの過酷さについて」は、以前にも書いた。

 

 今回は、そんな「ベトナム人のクレイジーなドライバーたちを近隣諸国では働かせたくない」という話をしよう。

 

 一度でもベトナムに行ったことのある人であれば、ベトナム人の交通法規を無視した滅茶苦茶な車やバイクの運転を眼にしたことがあるはずだ。先日、ラオス南部のサバンナケットからベトナムのラオバオへと抜けるバスに乗った時のこと。このバスはほとんどラオスの領地を走る路線バスなのであるが、ドライバーや関係者はベトナム人であった。

続きを読む

鳥の串焼きサンバ隊が跋扈する、ラオス低地の路線バス。

 

 「ガイ・ヤーン」という鳥の串焼き料理をご存知だろうか?

タイ王国のイサーン(東北地方)やタイ王国の裏山であるラオスでは、メジャーな食べ物だ。細かくされた鶏肉が串に刺さっており、鳥の原型が分からない日本の焼き鳥とは違って、ガイ・ヤーンは元の鳥の状態に近い大ぶりな鶏肉を串に刺して、あるいは挟んで焼いている、豪快な「串焼き鳥」である。

続きを読む

ベトナムやラオスのポップ・アップ・レター

 

 ベトナムの北部に特に多く、またラオスでも旅行者の集まる地ではよく売られている「ポップ・アップのレター・セット」がある。図柄はベトナムの印象的なシーンや建物が多いが、ラオスで売られているものには、ラオスの同じようなモノがあり、それがベトナム製なのか、ラオス製なのかは判別が難しい。

 

続きを読む

絶景だがタフな山越えの道:ルアンパバーン〜バン・ビエン編

 

 世界には無数の山越えの道がある。ラオスの観光地で人気トップの座に君臨するルアンパバーンは、陸路でのアクセスがタフなことで有名だ。ルアンパバーンとバン・ビエンの間を運行する路線バスは、かつて「ジャピング・バス」とまで呼ばれるほどに、道の凸凹が激しかった。今日ではさすがにバスが飛びまではしないが、それでもかなり辛いことには変わりがない。

 

続きを読む

ソング川、ハンモックに揺られバケツ酒を楽しむバン・ビエン

 

 人口25000人ほどの小さなバン・ビエン(Van Vieng)の町は、自然を楽しむバック・パッカーで溢れている。この町の中心には、国道13号線沿いにかつての米軍の飛行場の滑走路跡があり、そこからナム・ソング川にかけて安宿や飲食店、マッサージ店が集まった地域が形成されている。

 

続きを読む

夜の散歩は、割と快適なラオスの首都ビエンチャン

 

 ラオスの首都ビエンチャンは、特に見所がないことで有名だ。

 

 だからといって、一日中ホテルに篭っているわけにもいかない。乾季には日差しが強かったり、雨季にはシトシトと長雨が降っているので、日中の街歩きには向かないビエンチャンなのだが、夜の顔は風情を感じさせる面もある。ただし、一夜歩き周れば、すでに十分なのであるが。

 

続きを読む

急変(しようと)する、ラオスの首都ビエンチャン

 

 ラオスの首都ビエンチャンは、観光資源に乏しい街だ。ここを訪れる多くの外国人の目的は、北にあるバン・ビエンやルアンパバーンへの道中か、タイ王国へのビザを取得する為であり、「ビエンチャンの観光の為」という人は少ない。北部を目指す人々は素通りし、ビザの申請に来た人々はタイ王国の領事館就労日の午前中に申請を行い、翌就労日の午後にビザ受領した外国人たちは、そそくさとこの街を後にする。

 

続きを読む

ラオスの世界遺産の町ルアンパバーンで朝陽を望むならこの丘に

 

 ルアンパバーンの町のちょうど中心部にあるポウシー山(Phousi Mountain)は、山というよりも丘と呼ぶ方がしっくりくる低い山だ。

 

 

続きを読む

ルアンパバーン郡コウアンクシー滝の上流にある洞窟と源泉

 

 コウアンクシーの滝を紹介した。

 

 滝を訪れる多くの観光客は、最大の見所である大きな滝を観た後、満足してルアンパバーンの町へと帰路につくのであるが、全体の1割以下か5%程度の旅人たちは、さらに上流に遡る道を選ぶ。

 

続きを読む

ラオスのルアンパバーン郡にあるコウアンクシーの滝

 

 ラオスのルアンパバーンの町を見終わるには、そう長い時間はかからない。町の中心部のお寺巡りや夜市散策、早朝の托鉢見学など全てをこなしても、23日もあれば十分である。しかし、町の郊外まで足を伸ばすと、もう少しアクティビティは増える。その代表例が町から30キロばかり南西に行ったところにある「コウアンクシーの滝」である。(「クアンシーの滝」と呼んでも良いが、ここではグーグル・マップの日本語表記に合わせよう)

 

続きを読む

ラオスのルアンパバーンの川向こうは原始世界

 

 ラオスのルアンパバーンのゆるさについて書いた。

 

 ルアンパバーンの町は、土色をしたメコン川が大きく曲線を描いて曲がる川沿いに位置するのだが、そのメコン川を渡し船で渡ってみると、ツーリズムの発達した町中からは想像できない、「本来のラオス」が顔をのぞかせる。

 

続きを読む

犬猫がゆるく大切にされている町、ラオスのルアンパバーン

 

 ラオス北部の世界遺産の町ルアンパバーンは、とある指標にて欧米人の若者の間で、「最も訪れてみたいアジアの町」に選ばれたという。実際にルアンパバーンを訪れてみても、初めは「なんでここが?」という印象を持つのであるが、2−3日滞在するうちに、「確かに居心地がいいかも」という感慨になり、そのままずるずると1週間以上滞在する旅人が多いのだ。

 

続きを読む