台湾でもヒット中、『君の名は。』

 

 2016年の邦画は、話題作が多い。『シンゴジラ』のヒットの後、新海誠監督の『君の名は。』が公開され、大当たり。日本国内だけで興行収入200億円も視野に入ってきているという。

 

 10月末、ハロウィン前日に台北101の近くで、『君の名は。』を観た。320台湾ドル、約1000円にて。

続きを読む