国歌が抗日の歌という中国と、天皇の長寿を願う日本

 

 中国の国歌の歌詞が「思い切り抗日」だということは、中国語を学んだことのある人は知っているかもしれない。しかし、自称「中国通」という日本からの駐在員であっても、中国語を学ぶ意欲が一切ない場合には、意外に知らなかったりする。

 

 以下がその歌詞だ。 

 

 

起来!不願做奴隷的人們!

把我們的血肉、築成我們新的長城!

中華民族到了最危険的時候、

毎個人被迫着発出最後的吼声。

起来!起来!起来!

我們万衆一心、

冒着敵人的炮火、前進!

冒着敵人的炮火、前進!

前進!前進!進!

 (日本語の字体での表記)

 

 

 これを日本語に訳すと、こんな感じになる。

 

<中国国歌:義勇軍進行曲 日本語訳>

 

立ち上がれ!奴隷となることを望まぬ人々よ!

我らの血肉をもって新たな長城を築こう!

中華民族に最大の危機がやってきた、

全ての者が最後の雄叫びをあげる時がきた。

立ち上がれ!立ち上がれ!立ち上がれ!

我々の万人が心を一つにし、

敵の砲火をくぐり抜け、進め!

敵の砲火をくぐり抜け、進め!

進め!進め!さあ進め!

 

続きを読む

羽田空港、国際便に搭乗する際に気を付けたいこと

 

 羽田空港を何度か利用している人なら間違えることはないのであるが、羽田空港から国際線に搭乗する場合、ひとつ気をつけなければならないことがある。

 

 それは、「羽田空港発の国際線は、すべてターミナルIから出ている」ということだ。羽田をよく利用する人からすると、「なんだ、当たり前だろう」と思われるかもしれないが、この表記が意外に曲者なのである。

続きを読む

中国鉄道:北朝鮮との国境の街へ

 

 北朝鮮と陸地で国境を接する国は、世界に三つある。

 韓国(南朝鮮)、ロシア、そして中国だ。

 

 北朝鮮の最大の支援国である中国は、南の韓国同様、北朝鮮と比較的長い国境線を接している。目視するだけでも、韓国と北朝鮮の国境の二倍以上の長い国境線だ。毛沢東による文化大革命時代など、かつての中国も今日の北朝鮮同様に途方もなく貧しい時期もあったが、現在では世界第二の経済大国である。それが「外見だけの張りぼてかどうか」はひとまず置いておいて、総和では世界第2位であることは疑う余地はなさそうだ。

続きを読む

主要政党の「政見放送」を観比べてみる

 

 

 明日、2019721日(日)は参院選選挙の投票日だ。期日前投票はすでに始まっており、本日20日(土)まで可能である。

 

 私は基本的にテレビを観ないのだが、NHKで放送されていた各党代表の「政見放送」をYouTubeを使い、観られるところだけ観比べてみた。各党の現状の捉え方、基本スタンス、今後の政策をどうしていこうと考えているのかを垣間見るためである。

 

 残念ながら、「政見放送」で言っていたことと、やっていることの間に大きな乖離のある既存政党も存在する。それはもう「国家的な詐欺師」と呼んで良いだろう。だが、特に新しい党に関しては、各党のHP、街頭演説、そしてNHKの「政見放送」などから気骨を汲み取るしかないのが実態だ。選挙に通った後に、「本当に有言実行する人々かどうか」を全身全霊をかけて汲み取る必要がある。なにせ、政治家はよく嘘をつくので。

続きを読む

旅&日常生活の装備:耳栓

 

 「旅の装備」として「耳栓」を取り上げたいと考えたが、よくよく考えてみると、「旅の装備」としてだけではなく、「国内外、どこにおいても役に立つもの」である。そう、今回取り上げる「耳栓」とは、「日常生活の装備」としておいてよい。

 

 この世界には音が溢れている。それ自体は素晴らしい事だと思う。だが、音の中には「生活を彩る心地よい音」と、「生活の邪魔になる音」とがある。また、情報としての音にも、「生きていくのに役立つ情報としての音」がある一方、「できれば意識しないでやり過ごしたい情報としての音」もある。

 

 アマゾンで「耳栓」で検索してみると、色々と種類がある事が分かった。

続きを読む

ひさびさに日本帰国した時のご馳走:TKG

 

 異国から長旅や仕事を終えて日本に帰国した際に、「早くあれが食べたいな」とカラダが欲するモノが幾つかある。(実際には心が欲しているのであるけれど。)

 

 そのうちの一つ、自分にとっての「ささやかなご馳走」は、日本ではとても安価に口にすることができるけれど、諸外国では高価な料理となるであろう「卵かけ御飯(TKG)」だ。

 

続きを読む

旅するスケッチ・ブック  『SKETCHTRAVEL』

 

 

 世界71人の著名な絵描きたちが、(元)ピクサーの堤大介さんとジェラルド・ゲルレ氏の呼びかけで、「途上国に図書館を作るためのチャリティー」のために、手渡しで「世界を旅するスケッチ・ブックの絵」を描いて貰った集大成がこれ。

 

続きを読む

東南アジアの女性を口説く、必殺の口説き文句?

 

 東南アジアでは雪が降ることがない。これは比較的北部に位置するベトナムやミャンマーといった、冬場それなりに寒くなる地域でも、滅多にあることではない。

 

 理由は簡単で、氷点下にまで気温が下がることが無く、偶然に氷点下になったとしても、その際に降水がなければ雪も降らない。

 

  通常、東南アジアの「比較的気温の低い冬」は「乾季」である11月から2月頃なので、より雪が降りづらい環境なのである。

続きを読む