曼谷華僑の夢の跡「廊1919」の媽祖廟

 

前回のブログ「曼谷華僑の夢の跡 廊1919を歩く」からの続きです。

 

 

「廊 1919」では「コの字型」に建物が配置されている。その建物群の中央に「媽祖廟」が鎮座する。タイ王国の南端のマレーシアに隣接した地域には、イスラム教を信仰する人が多いが、その他の地域は「ほぼ全域が仏教徒の国」であり、こうした「中国沿岸部の儒教を祖とする廟」はどちらかというと珍しい。

続きを読む

曼谷華僑の夢の跡 「廊1919」を歩く

 

前回のブログ「曼谷華僑の夢の跡 廊1919に想う」からの続きです。

 

 

城壁のような「廊 1919」のエントランスの門をくぐると、そこには華僑・華人テイストな中庭が広がっている。敷地と建物の配置をざっくりと乱暴に描写すると、細長い敷地の周囲を囲むように、「コの字型」に建物が配置されており、その中央に媽祖廟からチャオプラヤー川まで中庭が続く。

 

続きを読む

曼谷華僑の夢の跡 「廊1919」に想う

 

前回のブログ「曼谷華僑の夢の跡 廊1919からの続きです。

 

 

コロナ禍が始まる前には、それなりに訪れる人も多かったであろう「廊1919」であるが、今は辛うじてオープンしているものの、まだ施設の半分ぐらいは休眠状態であり、訪れる人の姿もまばらである。逆に、大声で話したり自撮りに夢中になる大陸からの観光客などが全くいない分、とても快適である。

 

続きを読む

曼谷華僑の夢の跡 「廊1919」

 

意外というほどのことでもないが、タイ王国の首都バンコク(曼谷)には、「本当に古い遺産などの見どころ」が少ない。

 

イタリアのローマを筆頭に、ヨーロッパ諸国の首都には、街中に2000年前後から数百年の遺跡がゴロゴロとあるが、タイ王国においては、そうした場所は稀有である。

 

首都として既に三百年かそこらの歴史はあるバンコクだが、多くの建物は、古いものでも数十年以下の比較的日の浅い歴史しか有しておらず、一見古そうに見えても、実の所、かなり真新しい建物ばかりの街なのである。

 

タイ王国の歴史自体が、スコータイ王朝の八百年ほど前からのものなので、そもそもイタリアなどとは比べようもないのだけれど、それにしても「本当に古いもの」は少ない。

 

百年かそこらの築年数の建造物でも、三百年の都バンコクにおいては「かなり古い遺跡」というレベルの場所となる。そういう意味では、チャオプラヤー川沿いの華僑の夢の跡である「廊1919(英語表記:Lhong 1919)」もそれに当たるのだろう。

 

続きを読む

優しい木漏れ日を楽しめる庭園:リトル・トリー

 

前回のブログ、「花をあしらった料理の数々:リトル・トリー」からの続きです。

 

食事の会計を済ませ、リトル・トリーの敷地内を散策してみることにする。すぐに観て終わるかと思いきや、入り口付近の建物に席を求め食事を摂っていたので気がつかなかったのであるが、実は予想していたよりも遥かに奥行きのある敷地であることが分かった。

 

そもそも、ガーデン・カフェにしては広めの駐車場から、リトル・トリー本体の門に達するまでに、バイオ・トープを横目に木製の桟橋を渡るだけでも数十メートルは歩いている。さらに門をくぐった入口からずっと奥行きのある空間に、大小いくつもの建物があるのが「リトル・トリー ガーデン・カフェ」の総体なのであることをこの時になって知る。

続きを読む

花をあしらった料理の数々:リトル・トリー

 

前回のブログ、「タイ王国の心地良いレストラン:リトル・トリー」からの続きです。

 

リトル・トリーの門をくぐると、そこにはセンスの良い空間が広がっていた。各テーブルの上には種類の違う一輪挿しが置かれ、目を楽しませてくれる。テーブル間は日本のレストランのようにせせこましく密着しておらず、適度な距離を保っている。

 

庭園の中に張り巡らされた小径には、多くの樹木が咲き誇り、点在する建物がそれぞれカフェやレストラン、ほぼ無人のショップとして使われている。一つのレストランの中に、趣の異なる空間がいくつも入っているような、宝箱的な楽しさを覚える。

 

ランチをするにしても、お昼時にもなると、人気店だけあり混んでくるので、可能であればお昼少し前からここを訪れると良いだろう。より快適にリトル・トリーでの滞在時間を楽しめるはずだ。

続きを読む

タイ王国の心地良いレストラン:リトル・トリー

 

日本でも海外でも、「ここは居心地が良いな、癒されるな」というレストランを見つけるのは難しい。人によっては、「そんなの至る所にあるよ」という人もいるかもしれないが、私は滅多に「ここは心底快適だな」と思えるレストランに腰を下ろせたことがない。

 

そう思えるかどうかは、その時の自分自身の心身のコンディション、そこを一緒に訪れた連れ、天気や湿度、他のお客さんたちの顔ぶれ、お店のスタッフのフィーリング、肩肘張らなくても済む値段設定などにも左右されるので、割と運もあるだろう。

 

いつも忙しない雰囲気のタイ王国の首都バンコク。このバンコク都の西側に、とても快適なレストランを見つけた。まだ一度しか行ったことがないのだけれど、「ここにはまた友人や家族を連れて来たいな」と思わせるだけの魅力のある場所であった。

 

 

その名は「Little Tree(以下リトル・トリー)Garden Cafe」。

 

バンコク都から車で小一時間ほど西に行ったところにある、ナコン・パトム県にある。

続きを読む

泰緬国境沿いのシンコン国境市場を歩く

 

 前回のブログ「泰緬国境のシンコン国境市場に想う」からの続きです。

 

 

プラチュアップ・キーリー・カーン県とミャンマーを結ぶ国境ゲートであるシンコン・ボーダーのすぐ南側に、小振りながらもミャンマー情緒の感じられる市場がある。国境近辺を行き交う車のナンバーを見ていると、タイのナンバーに混ざって、ミャンマー・ナンバーの随分とくたびれた車もある。

 

グーグル・マップを見ると、「ショッピング・モール」であったり、「土産物屋」であったり、はたまた「骨董屋」のような表記があるが、どれも小さな商店のような佇まいであり、かつ密集しているので、これらをひっくるめて「シンコン国境市場」と呼んでおこう。文字変換すると「新婚国境市場」とまず出るが、新婚の雰囲気は全然ない。至って普通の、「ミャンマー人の、ミャンマー人による、ミャンマー人と時々外国人のための市場」だ。

続きを読む

泰緬国境のシンコン国境市場に想う

 

前回のブログ「タイ王国とミャンマーの地元民専用の国境」からの続きです。

 

 

「地元民専用の国境」であるタイ王国はプラチュアップ・キーリー・カーン県とミャンマーとを結ぶシンコン国境の付近には、多くのミャンマー人が住んでいる。ひょっとすると、この辺りに住んでいる人の多くは、タイの国境職員や国境警備隊を除くと、ほとんどがミャンマーの人々なのでないかというほどに、ミャンマー人比率の高いエリアである。

 

他にも北はチェンライ、北西部のターク(メーソット)、西のカンチャナブリ、南のラノーンと数箇所ある泰緬国境を考えても、ここはそもそもの母集団が小さいながらもミャンマー人比率が特出している。

 

国境ゲートの南側に、いくらか開けた「駐車場兼市場」があり、まだタイ王国の領土でありながら、すでにミャンマー情緒の感じられる場所となっている。タイ王国の中に、ミャンマーがめり込んでいるような感覚を覚える。

続きを読む

タイとミャンマーの地元民専用の国境:シンコン国境

 

ミャンマー情勢が酷いことになっている。

 

202121日のミャンマー軍の出鱈目な理由のクーデターに対し、平和的に抗議していたミャンマーの人々。そんな市民が分かっているだけでも70人以上も虐殺されている。

 

また、拘束されてそのまま拷問中に殺され、遺棄された人々もいることを考えると、すでに三桁の犠牲者が出ているであろう。国連軍が早く出動しないと、ロヒンギャ族の迫害・虐殺のようなことが、ミャンマー全土に拡大しつつある。本当に解決すべき大変なことが起こっていても、「見ているだけ」という野良猫のような国連のお家芸が、残念ながらここでも披露されつつある。ミャンマーの友人・知人たちが無事であることを願ってやまない。

 

鼻を伸ばした象の顔のような地形のタイ王国。その鼻の部分にあたり、プラチュアップ・キーリー・カーン県のあたりが、タイ王国の国土で「最も細い部分」となる。タイ湾から陸路で西へとほんの14キロほどいくと、そこにはもうお隣のミャンマーへの国境であることは前回のブログ「森の中のお寺」でも書いた。

続きを読む

タイ王国「ある森の中のお寺」:カオ・ヒン・ターン寺

 

前回のブログ、「金満寺にみえる、パークナム寺」からの続きです。

 

 

鼻を伸ばした象の顔のような地形のタイ王国。その鼻の部分にあたり、プラチュアップ・キーリー・カーン県のあたりが、タイ王国の国土で「最も細い部分」となる。タイ湾から陸路で西へとほんの14キロほどいくと、そこにはもうお隣のミャンマーへの国境があるのである。

 

ここにあるボーダーは、地元のタイ人とミャンマー人しか越境することができず、他の国籍の人々は国境のどちらかから「見るだけ」となる。それでも、国境の真近まで行くと、ミャンマーの人々のローカル・マーケットなどもあり、異国情緒を感じるために訪れる人もいる。

 

このタイ王国・ミャンマー連邦共和国のボーダーから山の中の道へと寄り道をすること数キロ、「森の中の寺」はひっそりとしたタイ王国とミャンマー国教沿いの山中に鎮座するのであった。

 

 

この「森の中の寺」、その名を「カオ・ヒン・ターン寺」という。

続きを読む