ボラカイ島でのビーチ・ホッピング

 

 フィリピンの「ボラカイ島」に関して書いています。

 

 

 ボラカイ島には、20ほどのビーチがある。

 

 最も有名なビーチは、4kmにも渡って白い砂浜の続くホワイト・ビーチであるが、有名なだけあり人も多い。今日では、フィリピンにも関わらず、ここで中国人と韓国人に遭遇せず数百メートル歩くことは不可能だ。

 

 気軽に静かなビーチを堪能したければ、ホワイト・ビーチから島の反対側へと数百メートル行った場所にある、ブラボック・ビーチへと行き、さらに右手にずっと歩いて行くと、人気の少ないビーチへとたどり着く。ここは朝晩の散歩にも適している。

 

 この一帯、ボラカイ島の中央部のバラバッグと呼ばれるエリアには、特に観光客が多いので、より静かなビーチを目指すのであれば、ボラカイ島のメイン港がある南側とは真逆の、島の北側へと向かうのが良い。

続きを読む

ボラカイ島:物価と交通手段、旅のスタイル

 

 「フィリピンのボラカイ島」について書いています。

 

 

 フィリピンのボラカイ島の物価は、いわゆる「観光地価格」である。他のフィリピンの一般的な町よりも物価が高いのは、食事や宿泊だけでなく、交通手段にも及ぶ。

 

 通常、フィリピンの海沿いの町で小型のバイクをレンタルしても、5ドルから10ドルの間で借りられるものが、ボラカイ島では安くても20ドル以上はかかるとみておかなければならない。場合によっては30ドル、40ドルといった値段を提示している業者もあり、ボラカイ島は数千の島を領有するフィリピンの中でも、最も物価の高い島の一つだ。

 

続きを読む

ボラカイ島:「リトル・コリア」か「チャイナ・タウン」

 

 フィリピンで美しいビーチのある島として特に有名なのが、パラワン島とボラカイ島である。パラワン島は一つの行政地区になるほど大きな島であるが、ボラカイ島はアクラン県に所属する小さめの島だ。

 

 しかし、ここには4キロにも及ぶ「ホワイト・ビーチ」という名の、文字通り長く美しい「白浜」があり、大小合わせると約20ものビーチが島のここそこに点在している。

続きを読む

南部ラオス・ツーリング:コンロー洞窟からターケークへ帰還

 

 4回に分け、「ターケーク・ループ」のツーリングについて書いています。

 

 

 ツーリングの一番の目的地であった「コンロー洞窟」を堪能し、ターケークに帰還すべく残り150キロほどの道へと戻る。前日に30キロのダートを経験していたのだが、国道13号線まで出てしまえば、もう心配することもないだろうと踏んでいた。

 

 コンロー洞窟から西へと国道8号線を駆け抜け、国道13号線を目指す道中、見晴らしの良い高台に停車し、しばし山々の連なる景色を眺める。

 

 人類誕生以前、かつてはこの辺りも海底であったのだろうか。奇岩が連なる景色に数十億年の地球の歴史を感じる。人類の過ごしてきた数万年さえ束の間であり、人間個人の一生など、宇宙の時間軸では、ほんの一瞬であることなどを思う。せめてこの美しい世界にとって、自分が害になっていなければ良いのだが。

続きを読む

南部ラオス・ツーリング:コンロー洞窟

 

 前々回の「ラオスにて、ASEANツーリング事始め」、前回の「ラオス南部ツーリングへ」の続きです。

 

 

   コンロー洞窟の近くの町に宿を求めた翌朝、ラオスの田舎町ではよくある「鶏の鳴き声」で目が覚めた。それにしても、鶏は人が眠っていようと、牛が眠っていようと、 朝日が登る頃に容赦なく、親の仇でも取るかのように喉を振り絞り鳴くのはなぜだろう。朝の5時頃だというのに。

 

 バイクにまたがり、いざコンロー洞窟を目指す。

 

続きを読む

ラオス南部ツーリングへ

 

 前回の「ラオスにて、ASEANツーリング事始め」の続きです。

 

 ターケークの町から、国道12号、8号を通り、コンロー洞窟(Konglo Cave)を巡り、国道13号線をぐるりと300キロほどの輪を描いてターケークに帰ってくる道のりは、通称「ターケーク・ループ(Thakhek Loop)」と呼ばれている。

 

 バイクのレンタルをした店で「ターケーク・ループ」の簡易地図をもらうことができた。300キロほどある中距離のループの割に、地図があまりに簡易なので心配にもなるが、幾つかの区間距離が多少異なることを除けば、実際にこのマップで事足りてしまうである。それほど、ラオスには田舎町や山道が少なく、「ずっと一本道なので、他に道の選択肢がなく、間違えようがない」のだ。

 

続きを読む

ラオスにて、ASEANツーリング事始め

 

 タイ王国の裏山ラオスでは、バイクをレンタルしてツーリングするのも楽しい。ベトナムのように大量のバイク社会ではない交通量の少ないラオスでも、ワイルドな道が大部分なので、事故にだけは気をつけておかないといけないが、自分で移動手段を持つと、ラオスの旅は数段自由になれる。

続きを読む

パッタイ(タイ焼きそば)の有名店:ティプサマイ

 

 パッタイ(Phad Thai)とは、タイ王国の焼きそばである。

海老(ゴン)入りのパッタイ・ゴン、豚肉(ムー)入りのパッタイ・ムーなど、具材によって最後に付く名詞が変わる。

 

 バンコクで最も有名なパッタイ屋といえば、2バーツの硬貨でおなじみのゴールデン・マウンテン近くにあるティプサマイ(Thipsamai)であろう。

 

 夕方にオープンし、日付が変わる頃には店じまいしてしまうのだが、店内はいつも満席で、店の外や近所の店の前に設置された「仮設の座席」も満席となっていることが多い。異邦人の客も多いが、現地タイ人のお客が多く足を運ぶことからも、その人気のほどが伺える。いわゆる「行列のできるお店」である。

続きを読む

タイ王国の7-11とほぼセットの動物

 

 

 タイ王国のコンビニエンス・ストア業界の王者は、日本と同じくセブン-イレブンである。

 

 タイ王国のセブン-イレブンはCPグループが米国セブン-イレブンの指導のもと、1988年に創業し、翌1989年、第1号店をなんと「大人と子供のワンダーランド」である「パッポン通り」にオープンしたという。まずはパッポンからというあたり、やはり時々はアメージング・タイランドだ。確かに夜になっても人通りの多い場所ではあるが、逆に日中の人口は少ない。

続きを読む