色々とゆるい、ラオスの古都ルアンパバーン

 

ラオス北部の世界遺産の古都ルアンパバーンは、とある旅行誌の指標にて、欧米人の若者の間で「最も訪れてみたいアジアの町」に選ばれたという。

 

実際にルアンパバーンを訪れてみても、初めは「なんでここが?」という印象を持つのであるが、二日三日と滞在するうちに、「確かに居心地がいいかも」という感慨に変わる。そして、そのままずるずると1週間以上滞在する旅人が多いのだ。

 

続きを読む

高地ラオス:絶景だがタフな山越えの道

 

 東南アジア諸国連合(ASEAN)の10カ国中、全く海に面していない国が一つある。それは、タイ王国の裏山、ラオスである。

続きを読む

夜歩きは快適、ラオスの首都ビエンチャン

 

 ラオスの首都ビエンチャンは、一国の首都でありながら、特に見所がないことで有名だ。

 

 だからといって、一日中、ビエンチャンで宿に篭っているわけにもいかない。ビエンチャンの乾季は日差しが強く、雨季にはシトシトと長雨が降るので、日中の街歩きには向かない街なのだが、夜の顔は風情を感じさせる面もある。言語圏がかぶるお隣のタイ王国の首都バンコクの夜の煌びやかさ、狂乱さとは対照的に、ビエンチャンのそれは静かでのんびりとしている。

 

ただそれも、一夜ばかり歩き周れば「すでに十分観たな」と感じられるほどなのであるが。

続きを読む

急変しつつある、ラオスの首都ビエンチャン

 

 ラオスの首都ビエンチャンは、一国の首都であるものの、観光資源に乏しい街だ。

 

ここを訪れる多くの外国人の目的は、北にあるかつて米軍の飛行キャンプのあったバン・ビエン、古都ルアンパバーンへの道中のために立ち寄るか、隣接するタイ王国へのビザを取得する為であることが多い。「ビエンチャンの観光の為だけにこの地を訪れる」という人は少ない。

 

北部を目指す人々は素通りするか交通手段の都合で一泊だけし、この街をあとにするケースがほとんどである。ビザの申請に来た人々はといえば、タイ王国の領事館就労日の午前中に申請を行い、翌就労日の午後にビザ受領した人々たちは、そそくさとこの街をあとにするのであった。

続きを読む

ハロウィン、クリスマスといえばこの映画

 

 ハロウィンやクリスマスの季節になると「あの映画をまた観てみようかな」と思うのが、ティム・バートン製作総指揮の『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』である。もう20年以上も前の映画になるのに、ずっと存在感があるのは驚きであるが、この映画をしてティム・バートンの名は「映画史に刻まれることになった」であろう。

 

続きを読む

中国大陸のB級グルメ:羊肉串

 

 中国大陸には、多くの地域で食べられている「羊肉串(ヤンロウチュアン)」がある。イスラム教徒の多い新疆ウイグル自治区や内モンゴルは言わずもがな、中国人で「羊肉串」を知らない人はいない。

続きを読む

ベトナム人は、地面に近い

 

ベトナム各地を旅し、つくづく感じさせられることに、「ベトナム人は土着の民なのだ」ということがある。

 

生まれ故郷に対する愛着だけでなく、「物理的に土地との距離感が近い」のである。そもそも、ベトナムの多くの民は、代々が村社会で暮らしてきたので、「国家」という概念を植え付けるのが難しかったそうだ。

続きを読む

ギロチンを思わせるロシア地下鉄の安全扉

 

 世界最深のメトロウクライナの首都キエフにあることを以前紹介した。

 

 そして、世界で2番目に深いメトロのある街は、ロシア第二の経済都市サンクトペテルブルクである。

 

 サンクトペテルブルクのメトロは、ウクライナが旧ロシア連邦から独立する前は、旧ロシアで2番目に深いメトロであったが、最も深いメトロを有する地域が独立したために、ロシアで最深(世界で二番目)に棚上げされたという経緯がある。旧ロシア連邦は、こうしたやたらと深いメトロを掘ることが得意だったのだ。

続きを読む

『いま生きているという冒険』 石川直樹

 

 写真家の石川直樹さんによる「旅という冒険の手段」に関する本。

 

 読者対象層が中学生以上という本なので、 漢字の多くにルビがふってあるのが、大人には逆に読みづらい印象を与えるが、読み進めている内に気にならなくなるから不思議だ。

 

 文体は全ての装備を知恵に置き換えることの方が読み物としての完成度は高いが、10代の読者も想定しての文章なのでこれは仕方がない。装丁も親切だなと感じていたら、祖父江慎さんだった。

続きを読む

『全ての装備を知恵に置き換えること』石川直樹

 

 石川直樹さんを最初に知ったのは、「写真家・石川直樹」としてだった。しかし、本書を読んでからは、「旅の作家から写真にも領域を広げた石川直樹さん」という認識に変わった。

 

 北極から南極まで、ほぼ人力によるプリミティブな手段で地球の半径を旅する「Pole to Pole」、世界7大陸の最高峰全てに登頂した旅人、この本を読むと、石川直樹さんは実に早熟な人であったことが分かる。

 

続きを読む

新版『メメント・モリ』藤原新也

 

 久々に写真家で作家の藤原新也さんの『メメント・モリ』を目にし、手に取ってみると、2008115日に大幅に改編された新版であった。旧版を初めて手にしたのは十数年前になるだろうか。ガンジス川かどこかの川辺らしき場所で、人間の屍体が野良犬に喰われつつあり、その写真に

 

「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ」

 

という言葉が付いていて衝撃を受けた本である。新版でも同じ写真と言葉は残されていた。

続きを読む

旅の装備:4色ボールペン

 

 旅先が発展途上のアジア諸国であろうが、すでに発展しているヨーロッパ諸国であろうが、はたまた日本国内であろうが、目的地を問わずに一つ二つ鞄に忍ばせている「旅の装備」がある。それは、日本メーカー製の「4色ボールペン」だ。

 

続きを読む

『ウォールデン 森の生活』 ヘンリーDソロー

 

  今日、「真面目に毎日よく働き、富をできるだけ大きく築くことをよし」とする風潮が世間にはびこっている。それは本書が書かれた200年近く前の、まだ産声をあげて間もないアメリカにおいても同様であったようだ。

 

 

 しかし、その「真面目に働き大きな富を築く」という価値観だけでは、すべての人々の人生に幸福をもたらさないことがすでに判明している。それどころか、この価値基準で計ると、「落伍者」となる人が「幸せな働き者」よりも多くなり、多くの人が「不幸せな人生を送る」ことになってしまうのだ。特に、日本のような長期衰退社会においては。

 

続きを読む

仕事人の座右の書:『イシューからはじめよ』

 

 毎年、多くのビジネス書が市場に出回るが、その大部分が人に知られることもなく世の中から消えていく。そうした本は消えうる運命を背負った「おまとめサイト的な内容」のものが殆どで、著者が「自分の頭と経験から考えたこと」でないものがほとんどだ。全くビジネスの経験のない人々には、「ビジネスの全体を俯瞰するための良い勉強」になりうるかもしれないが、3040代ともなってくると、本を手にする時間と労力、そして幾ばくかの金の無駄でしかない。

 

 これまでに数百冊はビジネスに関連する書籍を読んできた。手にする前に「この本は読む価値があるだろうか」と斜め読みしたモノを含めると、数千冊は渉猟してきたとも言える。その中で、近年、圧倒的な存在感を放っていたビジネス書といえば、『イシューからはじめよ』である。

続きを読む

裸の王様

続きを読む

シンガポールの素敵な書店2:Woods in the Books


 シンガポールのお気に入りの書店であるBooksActuallyを紹介した。

 

実は、同じチョン・バール地区にあるロン・シアック通りには、数件離れてもう一軒、素敵な書店がある。主に絵本を扱うWoods in the Booksがそれである。

続きを読む

シンガポールの素敵な書店:BooksActually

 

 どこの街でも、居心地の良い本屋を見つけられると、それだけで生活の質が向上するように思える。

 

 都市国家シンガポールでは、国民所得の向上につれて、レストランや各種ショップの質も急速に向上している。お店の規模が小さくとも、いかに居心地の良い空間を作るかに、各店舗のオーナーたちは気を配っているのが感じられる。