旅するスケッチ・ブック  『SKETCHTRAVEL』

 

 

 世界71人の著名な絵描きたちが、(元)ピクサーの堤大介さんとジェラルド・ゲルレ氏の呼びかけで、「途上国に図書館を作るためのチャリティー」のために、手渡しで「世界を旅するスケッチ・ブックの絵」を描いて貰った集大成がこれ。

 

スケッチ・トラベル
スケッチ・トラベル

 制作には、郵送によらないアーティストからアーティストへの「手渡し」、さらに早い人は直ぐに描き上げて次のアーティストに回すけれど、なかなか描けない人もいたということで、結果として4年半もの歳月がかかったそうだ。

 

 チャリティーの結果、オリジナルのスケッチ・ブックは7万ユーロで落札され、さらに9冊のサイン入りのスケッチ・ブックが6000ユーロで落札された。カンボジアに2館の図書館を建てることができたというドリーム・プロジェクトである。(本書の中にはNGOの代表が5つの図書館をたてられるという言葉があるが、実際にラオス・カンボジア・スリランカ・ネパール・ベトナムに、5館の図書館を建てたという。)

 簡単に何枚かの絵を紹介すると、

 最後は、日本アニメーション界のみならず、実写映画を含めた日本映画界の興行成績でもダントツの記録を残して引退をし、またしばらくして現役復帰された宮崎駿さんのイラスト(というより作品)で飾られている。

 

 当時の宮崎さんは『風立ちぬ』の製作中であり、彼のイラストはその『風立ちぬ』の劇中の絵なのだが、静止画の中で「風が吹いているさま」をしっかりと描き上げているのは、さすがの手腕である。

 

 そもそも「風」という目に見えないものを「静止画」で描くのは、大変な筆力を要するのだろうが、彼は難なくそれをやり遂げている。50年に渡るアニメーション制作の現場を勤め上げた職人の力量を見せつけている。

取りは宮崎駿さんの「風立ちぬ」のイラスト
取りは宮崎駿さんの「風立ちぬ」のイラスト

 私は発売とほぼ同時にこの本を手に入れた。その後、私の手元のスケッチ・トラベルは、日本から中国へ、そしてタイ王国へ、さらに日本へと旅をしている。

 

 

 

 さて、本書のプロデューサーの一人である堤大介さんは、ロバート近藤さんと共に、オスカーにノミネートされた18分間の短編アニメーション映画The Dam Keeperを撮っている。iTunes上で300円でダウンロード販売されている。堤さんの作品らしく、「光と影」の描写が美しい。

DVD

Blu-ray

 余談であるが、堤さんと宮崎監督は、遠縁になるようだ。というのも、堤さんの奥さんが、なんと宮崎監督の姪っ子の「めい」ちゃんだそうで、『となりのトトロ』の「めい」のモデルになっていることは言うまでもない。

 

 また、「ほぼ日刊イトイ新聞」での「スケッチトラベル」のコンテンツのインタビューで語っていたのであるが、『となりのトトロ』の「サツキとめい」のお父さんの声は、なんと糸井重里さんである。なんとも因縁めいている。

旅とアート好きな人は、きっと好きだと思う。