羽田空港、国際便に搭乗する際に気を付けたいこと

 

 羽田空港を何度か利用している人なら間違えることはないのであるが、羽田空港から国際線に搭乗する場合、ひとつ気をつけなければならないことがある。

 

 それは、「羽田空港発の国際線は、すべてターミナルIから出ている」ということだ。羽田をよく利用する人からすると、「なんだ、当たり前だろう」と思われるかもしれないが、この表記が意外に曲者なのである。

 

 ターミナル「I」は、「1」ではない。

 

 

 Internationalの「I」であり、数字の「1」ではないのである。この上辺のちょっとした違いを見落として、「1」だと思い込み、お隣の「ターミナル1」に行ってしまう人がいる。「そんな間抜けな人はいないだろう」と思われるかもしれないが、実際にいるのだ。(そう、私は何年か前に一度間違えました。)

 

 

 

 フライトの時間までに余裕がある人ならば、ターミナル間を連絡する「無料バス」に乗ってターミナルIに戻れば良いのであるが、ギリギリに空港に着いた場合、「タクシー?電車?モノレール?」と即断を迫られる。これは冷汗をかくに十分な体験となるだろう。

 

 (私のように)一度間違えれば次回からは気がつくので、ターミナル1に行ってしまうことはないのであるが、間違えて国内線の発着ターミナルである「1」に行ってしまった際に、係員に「間違える人いません?」と尋ねると、「たまにいらっしゃいますね」と教えてくれた。どうやら「勘違い」したのは私だけではないようだ。

 

 このブログを読んだ人は、きっともう「I」と「1」を間違えることはないだろう。しかし、成田空港のようにターミナル「1」「2」「3」と数字で明らかに違うのであれば間違えようがないが、「I」と「1」はよく似ているので、今後も間違える人は絶えないだろう。

 

 ローマ数字だと「1」は「I」なので、全く同じである。羽田空港は表記を変えたほうが良いのかもしれない、と思うのは私だけだろうか。たとえば、「ターミナルiや、ちょっとアップルっぽいが「iTerminal」などに。

iTerminalってよくない?

そのほかの「日本の記事」