種類が倍増、ラオス麦酒。

 

かつて、口の悪い旅人の間で「メコン川の水をボトルに入れただけ」と揶揄されていたラオス麦酒のラガー麦酒。確かに、土色のメコン川の色に似ていなくもない。「ダーク麦酒は、水の汚い場所でくんだもの」という雑言まで飛び出す始末。

 

ラオス人の名誉のために言っておこう。ラオス麦酒はちゃんとした工程を経て造られた麦酒です。

たぶん。

 

昨年末、ラオスを再訪する機会があった。驚いたことに、かつて「ラガー」と「ダーク」の二種類しかなかったラオス麦酒に、新顔が加わっていたのである。「White」と「IPA」である。

 

なんと、ラオス麦酒のバラエティは倍増したのだ。(もともと二種類しかなかったので、二種類加わっただけで倍増である。さすがラオス。)

 

この新顔たち、なかなか美味い。「ラオス麦酒に白ビールが加わる」など、夢にも思っていなかったので、「White」を口にしたときには感動し、連日連夜「White」ばかり飲んでいた。すると、どうだろう、やはりすぐに飽きる。ヨーロッパ系の白ビールとはやはり質が異なるようだ。それでもやや「White」ではある、色が。

 

White」に飽きた頃、「ラオスのIPAってなァ」と思いながら、ラオス麦酒の「IPA」にも手を伸ばしてみた。するとどうだろう、このラオス麦酒の「IPA」、なかなか侮れない、ちゃんと麦酒の味がするのである。(そりゃそうだ)

 

しかも、飽きが来るのが「White」よりも緩やかであり、「IPA」はまずまず飲める麦酒の選択肢として定着した。

 

お隣のタイ王国でも、そこら中にある7-11などのコンビニでも売られているが、タイ王国ではラオスで売られている価格の二倍ぐらいの値付けがされている。また次回、ラオスに行く際には、川魚の香草焼きなどを愉しみながら、ラオス麦酒の「四種の飲み比べ」をするのが楽しみである。

麦酒に氷を入れて飲むのが東南アジア流

そのほかの「ラオスの記事」

そのほかの「東南アジアの記事」