ASEANのゲイ事情6 タイ王国 2017年度 魔性の女王?

 

 先日(7月)、タイ王国のレディー・ボーイ期待の新星であるYoshiちゃんを取り上げた。タイ王国には各種ミス・コンテストやミスター・コンテストと並んで、レディー・ボーイ(トランス・ジェンダー)のミス(元ミスター)・コンテストが毎年いくつも開催されている。その中で最も知名度と名誉のあるのが、パタヤに大型店舗を構えるレディー・ボーイたちのショー・キャバレーである「ティファニー」の開催する、「ミス・ティファニー・コンテスト」である。

 

 同じくパタヤにあり、ティファニーよりもやや格下のショーを開催する「ミモザ」という名のエンターテイメント商業施設も、毎年のようにミス・コンテストを開催している。報道写真を見る限り、ミス・ティファニーのプレゼンターとして、過去のミス・ミモザが登壇することもあるようだ。

 

真ん中のゲイっぽい人含め、元々は3人とも男
真ん中のゲイっぽい人含め、元々は3人とも男

 先日のブログで、「Yoshiちゃんが2017年度のミス・ティファニーにエントリーしており、かなりいいところまでいくのではないか」という予測をした。その後の結果を気にしていた方もいるかもしれないので、続報として書いておこう。

 

 8月末のコンテスト・ファイナルにおいて、当ブログでの予想通り、Yoshiちゃんは優勝(ミス・ティファニー)したのである。Yoshiちゃん、おめでとう。

 

 2017年度のミス・ティファニー・コンテストに「Yoshiちゃんが出る」という段階で、他の候補者たちは、相当に落胆したのではないだろうか。なにせ「あのYoshiちゃんが自分のライバル」なのだから。 本物の女性でも勝てる気がしないと思う方がほとんどだろう。素直で正直なことは良いことです。

 

 「そんなことないよ、私の方が圧倒的に綺麗よ」という女性は、著しく勘違いされているか、視力と精神状態に問題がある恐れがあるので、眼科と心療内科の検診をオススメする。

- Advertisement - 広告

 さて、2017年のミス・ティファニーの商品と賞金の一部が、バンコク・ポストに記されていた。賞品として200万バーツ以上(約666万円以上)のメルセデスGLA、賞金が12万バーツ(約39万円)とのこと。

 

 実際には、12万バーツ(約39万円)の賞金など、「ミス・ティファニー」のブランドを獲得したYoshiちゃんの今後の仕事のギャラを考えれば、大したことはない。しかし、200万バーツ以上(約666万円以上)のメルセデスGLAは正直すごいなと思う。トランス・ジェンダーのミス・コンテストの賞品が、ここまで高額なレベルに達しているのだ。日本で「トランス・ジェンダーの全国的なコンテスト」があったとしても、ここまでの協賛を得るのは難しいのではないか。主催者が相当に頑張っても、国産の軽自動車(20万バーツ相当)がいいところである気がする。

 

 日本のようにゲイやレズビアン、バイ・セクシャルの人々の多くが、自身のセクシャリティを隠しながら肩身の狭い思いをして暮らしている社会と、タイ王国のように彼らが一定の市民権を得ている性の多様性に寛容な社会では、LGBTの中でも美貌を売りとする際に、その報酬に相当の開きが生じる。

 

 Yoshiちゃんのポージングの切り替えの早さなどから推察するに、彼女の肝っ玉は相当に座っているので、今後の活躍も期待できそうだ。かつて下半身にぶら下がっていた「相棒とお袋さん」とも、若くしてきっぱりと別れている「揺るぎない決断力」も備わっている。中国・香港・台湾など、ミス・ティファニーの先輩であるPoyちゃんが歩んだスターダムをのし上がっていくことも十分にあるだろう。

ハイヒールをはくと180以上になるので、恋人もそれなりの男性でないと
ハイヒールをはくと180以上になるので、恋人もそれなりの男性でないと

 

Yoshiちゃん、今後も要チェック。