「自ウランバートル至モスクワ」の6266キロの列車旅へ

 

 夏になり、地平線の見えない都市部にいると、ふと想い出す旅がある。モンゴルの首都ウランバートルから、ロシアの首都モスクワまでの6266キロ、約100時間の鉄道の旅だ。運行予定表では96時間でモスクワに到着となるのだが、45日の鉄道の旅で数時間の遅れは、「誤差」の範囲であろう。

 

 ウランバートルからモスクワまでの寝台列車には、幾つかの等級があるようだが、なるべくなら「一番良いベッド」か「二番目に快適なもの」にしておいた方がよい。なにせ、45日も列車の上の人なのだ、ここで節約するために「硬いベッド」や「座席のみ」などにしてしまうと、100時間もの長丁場をしのぐのが至難の技になるばかりか、目的地に着いた時に疲労困憊しており、すぐに活動ができなくなるからだ。

 私がとったチケットは、モンゴル鉄道の車掌の女性たちが乗り合わせている列車で、寝台列車の中は鍵の閉まるしっかりした扉のコンパートメントで区切られ、上下二段のソフト・ベッドが向かい合わせに並ぶものの一つであった。

 

 シベリア鉄道の中でも、モンゴル人車掌の乗り合わせた列車が、最も料金が安いらしい。ロシア鉄道や中国鉄道だと、人件費もモンゴル人より高いのだろう。その割に、サービス・レベルはモンゴル人車掌の女性たちの方が、ロシア人や中国人車掌よりも温かみがあり、快適である場合が多い。

 

 北にロシア・南に中国という巨大な国に挟まれたモンゴル。その首都であるウランバートルの要の駅であるウランバートル駅は、隣国の首都の駅とは比べるべくもない小さな駅舎だ。

 

 ここに発着する列車も1日に数本だけであり、列車の停留していない時間帯は、入場の自由なホームの上を散歩するおじさん・おばさんが長いこと椅子に腰掛けていたりと、いたって暇そうな駅だ。モンゴルの中央駅の割に、駅前はまださほど発展していない。

 ウランバートル駅に向かって左手に、チケット・カウンターの入るビルがある。ここでチケット売りのおばさんが、「これにしておきな」と勧めてくれたクラスのものを迷わず予約した。

 

 モスクワまでの45日、6266キロの長丁場の旅であるが、寝台コンパートメントの二階ベッドで料金は1万円代半ばであった。さらに二つばかり、もっと安いチケットもあったが、「長旅だったらこれに乗っておいたほうが良いよ」というオススメのものをそのまま受け入れた。

 ロシアとモンゴルとをつなぐ国際列車は、今も昔も人気のある列車であり、またこのモンゴル鉄道の列車は本数が週に23輌と限られている。列車のある曜日とない曜日とが幾つも歯の抜けた櫛のようにある上に、夏場の旅行シーズンともなると学生の利用も増えるので、当日・前日ではチケットが手に入らないこともままある。これがロシアのモスクワから中国の北京までの国際列車となると、さらに事前の予約が必要となるようだ。

 ウランバートルの街は、人口が135万人の中規模都市であるが、街中には目立った見ものも少ない。宿から駅までは歩いて30分から40分ほどの距離にあったので、散歩がてら徒歩で駅までチケットを買いに行き、また別の道を徒歩で宿まで戻った。

 

 モンゴルで歩行中に気をつけておきたいのは、モンゴル人は車の運転が荒いということ。狭い道を歩く際にも、猛烈な勢いでやってくる車に気をつけなければならない。特に、後ろからやってくる車両には注意が必要だ。

- Advertisement -

モンゴルの路線図はとても簡単