銘柄が増えつつある、タイ王国の麦酒。

 かつて、タイ王国でビールといえば、王国最初のビールである「ビア・シン(シンハー・ビール)」、象のマークというか「象ビール」というそのまんまの名称でお馴染みの「ビア・チャーン(チャーン・ビール)」、そして若者に人気の「ビア・レオ(レオ・ビール)」の三種がメジャー・ブランドであった。そこに、肉体労働者層に売れているとされていた「ビア・チアーズ(チアーズ・ビール)」を加えた四つが、 タイ王国の主なビールの選択肢であった。

 

 基本的にずっと暑い気候のタイ王国では、たまに無性にビールが飲みたくなることがある。しかし、タイ王国では輸入品の酒類は高い関税により現地価格の三倍ほどする。気軽にビールを楽しむには、輸入ビールではなく、やはりタイ王国のビール銘柄から選ぶことになるが、かつては選択肢のあまりの少なさに閉口することもしばしばであった。

 

 

 しかし、ここ数年の間に、随分とその選択肢が増えている。

 

 先日、バンコクのショッピング・モールのビール売り場を覗いていて、改めて「ここまで増えているのか」と驚いた。

 

 まず、タイ王国のビール会社の草分けであるシンハーから、「ビアU」に続いて MY(?)ビア」が発売されていた。黄色いロゴが目を引くビアUは見たことがあったが、さらに読み方がちょっと分かりづらいMY(?)ビアも発売していた。このロゴ、「MY」なのかただの「M」なのか、ぱっと見の判別が難しいのがなんである。

 そして、7-11などのコンビニでもよく目にする500mlの缶ビール群に、竜のマークの「ブラック・ドラゴン」、狼の描かれた「ハンツマン」、裏面にシロクマの描かれた「スノウィ・バイツェン」、そしてあまり見かけない「タッパー」なるビールも目についた。さらに、ここでは売られていなかった「ビア・コッパー(コッパー・ビール)」というダーク・ビールの銘柄もあった。先日、試しにアイルランド人と韓国人の友人と飲んでみたのだが、なかなか美味であった。

 

 さらに、チアーズから通常のチアーズよりもアルコール度数の強い「チアーズX-TRA」、「チアーズ・ラガー」、さらに「サイアム・バイツェン」などもラインナップされている。アルコール度数は強いが安価に抑えることで「手軽に酔っ払いたい労働者層」に人気のチアーズらしい展開だが、方向性の異なる「サイアム・バイツェン」はちょっと気になる。タイ王国のかつての国名である「サイアム」を冠したビール、どんな味なのかいずれ飲んでみたい。

 

 

 これら以外にも、現地生産で関税をすり抜け、うまい具合に現地ビールと溶け込んでいるビールもある。ハイネケンとフェダーブラウがそれだ。欧米のビールでありながら、すでにコンビニやスーパーでは定番のビールとしてタイ王国のビールと一緒に並んでいる。値段もタイ王国のビールより「ほんの少し高いぐらい」に抑えているのも良い。

 

 自動車は日本車が席巻するタイ王国であるが、ビールに関しては、朝日・キリン・サントリーといった日本勢は、まだまだ存在感が薄いのが現状である。「よく知られているが、あまり飲まれていない」のだ。

 

 こうしてタイ王国のビールとそれに準ずるビールを数えてみると、いつの間にか15種類以上ものビールが、その辺の店先でもすぐに手に入るようになっていた。かつて「ビールの選択肢が3つか4つ」であったタイ王国において、「時代は変わるのだなァ」とその銘柄の増加にもしみじみとするのであった。

まずはスタンダードなのから。

そのほかの「タイ王国の記事」

そのほかの「ASEANの記事」