パッタイ(タイ焼きそば)の有名店:ティプサマイ

 

 パッタイ(Phad Thai)とは、タイ王国の焼きそばである。

海老(ゴン)入りのパッタイ・ゴン、豚肉(ムー)入りのパッタイ・ムーなど、具材によって最後に付く名詞が変わる。

 

 バンコクで最も有名なパッタイ屋といえば、2バーツの硬貨でおなじみのゴールデン・マウンテン近くにあるティプサマイ(Thipsamai)であろう。

 

 夕方にオープンし、日付が変わる頃には店じまいしてしまうのだが、店内はいつも満席で、店の外や近所の店の前に設置された「仮設の座席」も満席となっていることが多い。異邦人の客も多いが、現地タイ人のお客が多く足を運ぶことからも、その人気のほどが伺える。いわゆる「行列のできるお店」である。

 

 以前、中国人の友人がタイ人のボーイ・フレンドとの関係に悩んでいた際に、ティプサマイに連れて行ったことがある。「恋の悩み相談でティプサマイ」というのも変だが、行ったことがないというので、軽い夜食にと連れて行った。

 

 ティプサマイの看板料理は、言わずもがなパッタイなのであるが、海老入りのパッタイ・ゴンがここの主力商品である。他にも果肉たっぷりのオレンジ・ジュースが、この店の隠れた人気商品であるのだが、本来ティプサマイが売りにしている商品は「タイ焼きそば(パッタイ)」である。つぶつぶのオレンジ・ジュースは美味しいけれど。

- Advertisement -

 店の入り口に設置された道に面する厨房では、火炎を上げてパッタイを調理する様子が観られる。たとえ高級店とはいえ、どんな状況で調理がされているのか分からないお店よりも、大した施設ではないが、厨房が丸見えで透明性があるという方が、客からすると安心感があったりもする。

 

 オーダーをして5分もすると、薄い卵の皮に包まれたパッタイがやってくる。

 肝心のパッタイのお味の方はといえば、「まぁ、焼きそばは美味しいけれど、海老が小さいな」というもの。バンコクはほとんど海に面した場所がなく、海老は輸送されてくるので、ティプサマイのパッタイの海老は、海沿いの町のパッタイに入っている海老とは比べるべくもなく小さい。

 

 また、一皿に小ぶりな海老が3尾しか入っていないので、海沿いの町でリーズナブルに食べられる、あのぷりぷりとした海老の食感を期待しているとかなり物足りない。

 

 通常、パッタイは40バーツ程度で食べられる料理であるが、交通アクセスがそうよくない上に、一般の店の倍の値付けをしているティプサマイのパッタイが人気なのは、「有名店・人気店であるから」という理由もあるだろう。

 何年か前から、ティプサマイでは「外国人向けにお土産のシール」をくれるようになった。現地人には配っていないようなので、シールが欲しい人は店内にある「あのシールが欲しい」と店員に伝えると良いだろう。昔懐かしいタイ王国の庶民料理店の雰囲気を醸し出すお土産シールは、見るものをほんの少し微笑ませてくれる。

 

 

 

店の奥には、有料の座席も。

そのほかの「タイ王国の記事」