泰緬国境のシンコン国境市場に想う

 

前回のブログ「タイ王国とミャンマーの地元民専用の国境」からの続きです。

 

 

「地元民専用の国境」であるタイ王国はプラチュアップ・キーリー・カーン県とミャンマーとを結ぶシンコン国境の付近には、多くのミャンマー人が住んでいる。ひょっとすると、この辺りに住んでいる人の多くは、タイの国境職員や国境警備隊を除くと、ほとんどがミャンマーの人々なのでないかというほどに、ミャンマー人比率の高いエリアである。

 

他にも北はチェンライ、北西部のターク(メーソット)、西のカンチャナブリ、南のラノーンと数箇所ある泰緬国境を考えても、ここはそもそもの母集団が小さいながらもミャンマー人比率が特出している。

 

国境ゲートの南側に、いくらか開けた「駐車場兼市場」があり、まだタイ王国の領土でありながら、すでにミャンマー情緒の感じられる場所となっている。タイ王国の中に、ミャンマーがめり込んでいるような感覚を覚える。

 

というのも、市場で営業をする人々も、この市場を訪れる人も、どちらもほとんどがミャンマー人なのである。そもそも外国人はボーダーを通過できないので訪れる異邦人はごく少なく、地元のタイ人であってもこのボーダーからミャンマーに行く人は少ない。いや、実の所、そもそもタイ人はミャンマーに旅行にあまり行かない。

 

今日では国境が閉じてしまっているので物理的に行くことが不可能であるが、クーデターやコロナ禍で国境が閉じる前から、タイ人はパスポートさえあればビザも要らずにフラッと行ける隣国であるミャンマーに対して、どうも無関心であるようだ。旅先としての魅力を感じていないようなのである。

 

むしろ、多くのタイ人にとってミャンマーは、「重労働向けの出稼ぎ労働者がやって来る、不衛生でいやったらしい発展途上国」として認識している節があり、日本や韓国、台湾に行きたいというタイ人は多いが、ミャンマーに行きたい、あるいは行ったことのある人は驚くほど少ない。

 

日本・韓国・台湾はともすれば似たり寄ったりの国である。ミャンマーの方がはるかに、そこにしかない良くも悪くもオンリー・ワンの体験の渦巻く場所である。しかし、「似たような先進国はもう飽きた、より味わい深い旅をしたい」という段階に、多くのタイの人々の意識はまだ達していないのか、ミャンマーというすぐ近くで特異な光を放つ地に対して、驚くほど無関心なのである。

 

 

「微笑みの国、タイ。」という、タイ王国の実態を表さず一人歩きしているコピーがある。残念ながら今日のタイ人は、外国人に対してあまり自然には笑わない。お金が絡む時にはビジネス上笑うが、それはミャンマー人のように心から出た清々しい「ニコニコ」というものではなく、損得勘定に基づき金の匂いを嗅ぎつけた時に出てくる「ニヤニヤ」という性質のものが多い。

 

 

多くのタイ人は、「ミャンマーなんて、いつでも行けるから」と思っていたのかもしれない。ところが、202121日のクーデターから、今後は北朝鮮のように中長期に渡って鎖国となってしまうかもしれない。あるいはシリアのように、紛争が長引く地になってしまうかもしれない。そうなったら、もうしばらくは旅行どころではない。

杞憂に終わると良いけれど

そのほかの「タイ王国の記事」

そのほかの「ミャンマーの記事」

そのほかの「ASEANの記事」