リヴィウの夕闇と路面電車の広告

 

前回のブログ「リヴィウの死者を想う、それは美しい墓地からの続きです。

 

 

※本ブログの内容は、私が初めてウクライナを訪問した2014年当時の内容です。

 

ご存知のように、現在ウクライナはロシアによる侵略戦争を受け、大変な状況にあります。

 

連日ニュースで伝わってくるのは、過酷な戦渦の内容が多いです。

 

「比較的平時のウクライナの素顔」を伝える目的で、過去の旅の内容を綴っています。

 

 

リヴィウの工科大学に通う女子大生のIに連れられて、「美しい墓地」を訪れた。

 

宿への帰路に着く頃には、すっかりと日も暮れ、路面電車から見るリヴィウの街もすっかり夕闇に包まれていた。

 

 

リヴィウの街中の夕闇はしっかり暗く、街灯に灯された街はまた幻影的に見え、それもまたこの街の美しさを引き立たせていた。車や人々の交通で表面が磨かれた石畳は、雨も降っていないのに街灯の光を濡れたように跳ね返し、東欧の美しい夜の街並みの気配を強く立ち上がらせていた。

 

宿のそばにあった適当なレストランに入り、この日の締めとなる料理を口にした。店員さんは言葉の通じないアジア人の旅人にも優しく、なぜか言葉が通じないなりに波長が合い、なぜか写真撮影などをし、この日三回目となるウクライナ料理のボルシチなどを胃に流し込み、帰路についた。

 

 

翌日、一人でリヴィウの街を観て周った。この街は西欧の垢抜けた街とは異なり、やや垢抜けない感じがとても良い味である気がする。ちょっとした店先の景観、街を行き交う人々の身にまとう生活感、ヨーロッパを故郷としない旅人からしても、なんだか懐かしい気持ちになるのだ。

 

一人で路面電車に乗っている時に、ふと目にした車内広告がなんともリヴィウらしかった。そこにはなんと「墓石の広告」があったのである。「美しい墓地」で見たような装飾のある墓石屋が路面電車の中にも「イケてる墓石」の広告を出しており、プロモーション価格のようであった。

 

墓石屋が路面電車に広告を出して商売繁盛、しっかりとプロモーションになるあたり、やはりリヴィウの人々にとって、「美しい墓地」に「美しい墓石」で眠ることは、「大切な終活」の一部なのであろうことが窺い知れた。

 

 

次のブログ「リヴィウから鉄路でチャーニヴチへ」に続けます。

ウクライナのみんなが元気でいますよう

そのほかの「ウクライナの記事」

そのほかの「ヨーロッパの記事」

そのほかの「Blog記事」