現地人でも辛い、ベトナムの中長距離ローカル・バス

 

 ベトナム各地を移動する際に、飛行場がない町を転々とする場合、1日に数本しかない鉄道でなく、本数の多いローカル・バスを利用することが多くなる。飛行機や鉄道よりも安く、かつ頻繁に発着している中長距離ローカル・バスは、ベトナム現地を移動する人々の足として、なくてはならない存在だ。

 

 しかし、ローカル・バスの中には、外国人だとみるや料金をぼったくろうとしたり、道が空いているにも関わらず、最徐行して道端で少しでも多くの客を引こうとしたり、各種荷物を運ぶ運送業を兼業しているバスも多く、まだまだ「快適なローカル・バスの旅」と呼ぶには難しい段階にある。

 ベトナムで中長距離のローカル・バスに乗る際には、「ダイレクトに目的地まで行くか」ということや、「大型の乗り心地の良い座席のバスかどうか」といったことまで考慮に入れ、チケットを手に入れなければならない。

 

 また、個人経営運転手と助手のやっているローカル・バスの場合、「実際のバスの運行」と「事前の説明」が大きく食い違うことはよくあり、そこでいちいち腹を立てていては、ベトナムの旅路は楽しいものとはならない。あくまで「想定外だが、こういうこともあるのだ」と現地人たちを見習い、達観している必要がある。

 

 ベトナム人の友人曰く、ベトナムを旅することは、「想定通り、想定外のことが起こる」というものらしい。つまり、「ベトナム旅においては、現地人をしても必ず想定外のことが起こる」と心得ておくべきなのだ。

 

 たとえば、50キロしか離れていない隣町にバスで行くとしよう。道は空いている、天気も良好、「これなら1時間以内に着くだろう」と思われる道のりが、なぜか2時間以上かかったりするのがベトナムなのである。

 

 典型的な例は、発車してからさらなる客引きをして空席を埋めるため、町中では亀のような速度での最徐行をしていく。さらに、人を運ぶだけでなく、荷物を運搬する手数料をもらうために、荷物の受け渡しのために寄り道に次ぐ寄り道をすることもある。

 

- Advertisement -

 ターミナルをバスが満席で発車したからといって安心してはいけない。「そこから客を拾わない可能性が低い」からだ。新たな客を道で拾い、座席間の通路に板を渡したり、小さなプラスチック椅子に座らせたり、二人掛けの席に3人以上座らせたりすることは、ベトナムではよくあることである。

 

 客席の合間に乗客の手荷物以外の荷物を次々に載せ始め、みるみる車内は積荷に溢れる。通路や客席の上下まで積荷は満載だ。「乗客の間に荷を積んでいる」のか、「積荷の間に乗客を乗せている」のか分からなくなるまで、それがやまないことはよくある。場合によっては、バスの上にまで荷物が満載のこともある。

 それでも、ここで苛立って文句を言ってはいけない。周りのベトナム人を見てみよう。じっとそこに、「地蔵のようになって静かに座っている」人々が大半のはずだ。「積載量超過で事故にでもあったらどうするのだ」など、当然のことを考えてはいけない。ルール違反をするドライバーやバス乗務員の頭には、追加でポケットに入る現金のことしかないのである。

 

 無駄な口論をした場合、目的地に着くまでに、ベトナムの辺鄙な片田舎の「どこでもない場所」で降ろされる羽目に陥るだろう。しかし、ベトナムの良いところは、仮に「どこでもない所」で降ろされたとしても、また別の路線バスが停留所でなくても「お金のためになら」拾ってくれることであろうか。捨てるバスあれば、拾うバスあり。

いずれ、「辛かった事」も「楽しい想い出」になる。