ベトナムのダナンとホイアンの間にある五行山

 

 ベトナム中部、ベトナム第三の都市であるダナン(Da Nang)と、ダナンから南に30キロばかり行ったところにある世界遺産の町ホイアン(Hoi Anは、ベトナムを旅したことのある人にはよく知られている。

 

 実は、ダナンとホイアンの間に、「見過ごしてしまうのはもったいないかもしれない小山」がある。その山は、五行山(英名:The Marble Mountains)と呼ばれる。どちらかといえば、地域としてはダナンに属するらしいが、街からはやや距離がある。

  ベトナム語ではこの小山にある仏教寺院をChua Non Nuoc(発音記号省略)というらしいが、ここではひとまず「五行山」と呼んでおこう。英語だとマーブル・マウンテンと呼ばれている。

 五行山へのアクセスは、ダナンの街から行くのが約10キロの道のり。世界遺産の町ホイアンからだと、北に20キロばかりダナン方面に戻らないとならない。

 

 ダナンやホイアンはホーチミンやホイアンと比べると、交通量がやや少なめなので、どちらかでバイクをレンタルしてツーリングがてらこの山を訪れるという人も少なくない。自分は2度ばかり五行山を訪れているが、初回は日本人の仲間たちと、二回目はフエから合流したベトナム人の友人と訪れた。

 仏教徒でもない自分でも、この山を訪れ山道を登り降りしつつ、仏教寺院を見学するのは、なかなかに楽しいものである。この山には洞窟がいくつもあり、その中に設けられた寺や祠にも趣がある。また、知る人ぞ知る山の頂へと進む道が隠されていたりもする。

 初回の訪問時には、事情を知らない日本人3人で訪れたので、山の登頂コースの洞窟への道に気がつかなかったのであるが、二度目は現地のベトナム人の友人が一緒だったこともあり、「もっと上があるよ」との言葉に背中を押され、やっと体を通すことのできる程度の洞窟の細い穴から身を通し、五行山の頂へと到達することができた。

 

 世界のどこを旅するにせよ、やはり現地人の友人からの情報は貴重だ。異邦人同士で群れていると見落としてしまう所が、現地人と一緒だと色々と見えてくる。

 洞窟の穴を抜けて登頂してみると、ダナンの沖合の海が目の前にすっとひらけて見える。そう高い山ではないが、山頂を吹き抜ける風が少し汗ばんだ肌に心地よい。