ベトナムで男性下着と言えば、ほぼ「ブリーフ」


 ベトナム旅行中、下着のローテーションが間に合わず、中部の街ダナンでスーパーに下着を買いに行ったことがある。ベトナムでもビジネスを展開する、タイ王国系の大手スーパー
Big C。下着売り場を覗いてみると、男性用下着コーナーには、ブリーフしか売られていなかった。

 

 同行してくれたベトナム人の女の子も、「男性の下着といえば、ブリーフだと思っていた」というほど、ベトナム男性は、ほぼみんなブリーフを穿いているようだ。

 

バイクでビールを運ぶ彼も、きっとブリーフだ。
バイクでビールを運ぶ彼も、きっとブリーフだ。

 さて、慎みのない話で恐縮だが、自分は主にボクサー型のパンツを穿くことが多いが、ブリーフ型の下着も何枚か所有はしている。

 

 個人的には、ボクサー型の方がブリーフよりも締め付けが緩く、穿いていることを忘れてしまうほどに楽なので、こちらを自然と選んでしまうというだけなのだけれど、気分によってはブリーフも穿くことがある。

このオッサンもきっとブリーフだ。
このオッサンもきっとブリーフだ。

 ベトナム男性がブリーフ型の下着をより多く穿く理由として、以下の要因が考えられる。

 

1.    そもそも近所でブリーフしか売っていない

2.    洗う際に、ブリーフの方が布面積が小さいので楽

3.    ブリーフの方が乾くのが早い「気がする」

4.    ブリーフの方が肌を覆う部分が少ないので、涼しい「気がする」

5.    ブリーフの方が小さく畳めるので、旅や移動にも便利

6.    ブリーフの方が色気がある?

双子のお父さんも、きっとブリーフだ。
双子のお父さんも、きっとブリーフだ。

 やや昔話になるが、学生時代、大学の語学研修でアメリカのスタンフォード大学の寮で一夏を過ごしたことがある。同プログラムには、日本からは早稲田と慶應義塾の学生が参加し、台湾から国立台湾大学の学生たちが来ていた。そして、ベトナムからは若手の官僚が10人ばかりおそらく国費で参加していた。

 

 スタンフォード大学の夏休み時期には、普段寮生活をしているスタンフォードの本科生が実家に帰っているので、寮がガラガラに空いている。その空いた寮やキャンパスを利用して、そこで語学・文化研修をし、施設を有効利用していたのである。

 

 ツイン・ルームの二人部屋には、基本的に異なる国籍の学生がルーム・メートとして入室することとなっていた。

きっと彼も。
きっと彼も。

 そんな中、ベトナムから来ていた若手官僚たちのリーダー格であったビエット(男)は、日本人のルーム・メートと共になった直後から、日本人学生の中ではちょっとした人気者となっていた。というのも、彼は洗ったブリーフをベッドの端に干すのであるが、そのブリーフが、どれもAV男優顔負けの随分と派手なブリーフであったからである。

 

 ピンクでフリルのついたようなブリーフや、生地が局部以外は隠せないやたらと小さいブリーフなど、ゲイの気があるわけでもないのに、ビエットのブリーフはやたらと刺激的なデザインであった。彼の部屋干しするブリーフ見学のために、その部屋を多くの日本人学生が怖いもの見たさに訪れるといった具合であった。その夏、カリフォルニア州のパロアルトで、「ブリ見(けん)」という新しい単語が生まれたほどだ。

ハノイの街角で売られていた刺激的なブリーフ。右のマネキンはそれすら穿いてない、ダイレクト派だ。
ハノイの街角で売られていた刺激的なブリーフ。右のマネキンはそれすら穿いてない、ダイレクト派だ。
- Advertisement スポンサー広告-

 日本でも、かつては「褌(ふんどし)」というのが一般的な下着であったという。今日では褌を穿いている人を探す方が難しい。その後、便利なブリーフやトランクス型の下着が市場に出回るようになり、いまでは褌はすっかり影を潜め、日本の男性下着市場ではボクサー・パンツ型がトランクスやブリーフを追い抜いているように思える。

 

 ベトナムでも、経済発展と共に、いつかブリーフ型の男性下着は勢いを失い、ボクサー型の下着を穿いたベトナム人も増えるのであろう。下着にも、その栄枯盛衰を感じることができる。

 

 

ビエット元気かな。まだブリーフなのかな。